西武鉄道アイスホッケー部

西武鉄道アイスホッケー部(せいぶてつどう・アイスホッケーぶ)は、かつて日本に実在したアイスホッケーの実業団チームである。本拠地は東京都西東京市(旧・保谷市東伏見アイスアリーナ)だった。ペットマークは白熊。

歴史編集

1966年、ウィンタースポーツとして初めての全国規模の社会人リーグ戦「日本アイスホッケーリーグ」が開幕したと同時に結成され、リーグ発足当初は日本リーグと全日本選手権のタイトルを数多く獲得し、日本のアイスホッケーの強豪といわれた。しかし、1972年に西武の実質的な親会社だった国土計画(後にコクドと社名を変更。2006年西武ホールディングス傘下のプリンスホテルと吸収合併し消滅)のアイスホッケー部とチームを実質的に分割。それでも常にコクド、王子製紙等とともにライバル関係を築き上げていった。

しかし、経営の合理化などを理由に2002年-2003年のシーズンを最後に36年間に渡る西武アイスホッケー部の活動にピリオドが打たれ、コクドアイスホッケー部(2006年にSEIBUプリンス ラビッツと改名)と再統合した。これをきっかけに、プロ野球埼玉西武ライオンズとマスコット(手塚治虫製作のライオンのマスコット)を共有するようになる。

獲得タイトル編集

  • 日本リーグ : 10回
    1970-71、1971-1972、1972-1973、1975-1976、1976-1977、1978-1979、1980-1981、1995-1996、1996-1997、1999-2000
  • 全日本選手権 : 7回
    1969-1970、1970-1971、1971-1972、1973-1974、1977-1978、1978-1979、2000-2001

関連項目編集