メインメニューを開く

西田 陽子(にしだ ようこ、1980年1月8日 - )は、沖縄県出身の元バスケットボール選手である。旧姓・安谷屋(あだにや)。オーエスジーフェニックスでプレーした兄健太とともに「沖縄バスケ界のパイオニア」と呼ばれた。母校の愛知学泉大学では家庭科教員免許を取得したが、愛知教育大学保健体育科の免許も取得。2013年に地元沖縄に戻り、現在は県立石川高等学校の保健体育科教員。

西田陽子
Yoko NISHIDA
Adaniya Yoko.jpg
引退
身長(現役時) 162cm (5 ft 4 in)
体重(現役時) 56kg (123 lb)
血液型 B型
基本情報
本名 西田陽子
ラテン文字 Yoko NISHIDA
日本語 西田陽子
誕生日 (1980-01-08) 1980年1月8日(39歳)
日本の旗 日本
出身地 沖縄県
ドラフト  
選手経歴
2002-2007 三菱電機コアラーズ

目次

来歴編集

室川小学校でバスケを始め、安慶田中学校では1994年に沖縄女子初のジュニアオールスター優勝。北中城高校でインターハイベスト8に貢献し、ジュニア日本代表主将も務めた。愛知学泉大学でも黄金時代を支え、2001年には国体準優勝を経験。インカレでは敢闘賞を受賞した。

卒業後、三菱電機に入社。1年目から主力として定着。2006年にW1降格となるも、入れ替え戦進出に貢献。2007年引退。地元に戻り、嘉手納高校の教員を務めていたが、2008年にアシスタントコーチとして三菱に復帰。2011年退任。

2010年結婚により西田姓となる。2013年、県立高校の保健体育科教員として地元に戻り現在に至る。

経歴編集

  • 北中城高 - 愛知学泉大 - 三菱電機(2002年〜2007年)

受賞歴編集

  • 2002-03Wリーグ ルーキー・オブ・ザ イヤー

外部リンク編集