西葛城村

日本の大阪府泉南郡にあった村

西葛城村(にしかつらぎむら)は、かつて大阪府にあった。現在の貝塚市南部にあたる。和泉葛城山の北西麓に位置し、村名は東葛城村に対して名付けられた。

にしかつらぎむら
西葛城村
孝恩寺
廃止日 1939年4月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 貝塚市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
泉南郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 岸和田市有真香村東葛城村大土村熊取村貝塚町
和歌山県
那賀郡上名手村粉河町
西葛城村役場
所在地 大阪府泉南郡西葛城村大字木積
座標 北緯34度22分13秒 東経135度25分14秒 / 北緯34.37031度 東経135.42067度 / 34.37031; 135.42067座標: 北緯34度22分13秒 東経135度25分14秒 / 北緯34.37031度 東経135.42067度 / 34.37031; 135.42067
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

歴史編集

交通編集

道路編集

  • 水間街道

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 南郡には三ケ山村(現 貝塚市三ケ山)と三ケ山新田(現 岸和田市三ケ山町)があるが、両者は特に関係は無い。三ケ山村は「みけやま」と読み、村内の国見山から大鳥・和泉・日根の和泉国3郡が眺望できることに由来し、三ケ山新田は「さんがやま」と読み、南郡田治米村・新在家村・尾生村の3村立会の新田であったことに由来する。

関連項目編集