覚助 (仏師)

平安時代中期から後期の仏師

覚助(かくじょ、生年不詳 - 承暦元年(1077年10月)は、平安時代中期から後期の仏師定朝の子とも弟子とも言われている。七条仏所の祖。

事績については、康平2年(1059年)の法成寺阿弥陀堂・五大堂の造仏についてが初見である。治暦3年(1067年興福寺金堂などの造仏を行った功により法橋に任じられ、翌4年(1068年)には法眼となっている。承暦元年(1077年)、法勝寺の造営中に没してしまったが、その後は弟子の院助が引き継いで完成させている。

覚助の作品と推定される仏像として、延久3年(1071年)に復興された祇園社観慶寺の旧本像で、現在大蓮寺にある薬師如来像(重要文化財)が挙げられる。

『古事談』には師である定朝に義絶されるも、定朝のいない隙に左近府の陵王に献上する面を自ら手直しし、勘当が許されたエピソードが記載されている。

参考資料編集