メインメニューを開く

許 渾(きょ こん、生没年不詳)は、中国の詩人。は用晦。潤州丹陽県の出身。本貫定州高陽県宰相許圉師の六世の孫にあたる。

略歴編集

文宗大和6年(832年)、進士に及第、当塗県太平県の令、監察御史などを歴任したが、病弱のため免職された。その間、郷里に在任したことがあり、そこの丁卯澗(ていぼうかん)に土地を買っておき、晩年は引退して引きこもった。

今日、『丁卯集』2巻が残っている。

詩人としての彼編集

許渾の作品に、『秋思』(七言絶句)がある。

秋思
琪樹西風枕簟秋 琪樹(きじゅ)の西風 枕簟(ちんてん)秋なり
楚雲湘水憶同遊 楚雲(そうん) 湘水(しょうすい) 同遊(どうゆう)を憶(おも)う
高歌一曲掩明鏡 高歌(こうか)一曲 明鏡を掩(おお)う
昨日少年今白頭 昨日の少年 今は白頭

出典編集