許 錫(ホ・ソク、朝鮮語: 허석1964年9月20日 - )は、大韓民国政治家、元新聞社経営者。順天市長(民選7期)。

許錫
허석
허석 순천시장.jpg
生年月日 (1964-09-20) 1964年9月20日(57歳)
出生地 大韓民国の旗 大韓民国全羅南道昇州郡(現在の順天市)
出身校 ソウル大学校
所属政党新政治民主連合→)
共に民主党

当選回数 1回
在任期間 2018年7月1日 - 2022年6月30日
テンプレートを表示
許錫
各種表記
ハングル 허석
漢字 許錫
発音: ホ・ソク
テンプレートを表示

経歴編集

1964年全羅南道昇州郡(現在の順天市)で生まれる。ソウル大学校に入学し、在学中にソウル九老工業団地で2週間労働者として生活した。卒業後は仁川市の工場で7年間労働者として働いた[1][2]。その後、順天市で無料労働相談所を運営しながら、光州高等法院調停委員、大統領直属国家均衡発展委員会専門委員などを歴任[1]。2001年に順天市民の新聞という地方新聞を創刊した[3]

2014年6月に実施された第6回全国同時地方選挙で順天市長選に立候補したが落選。2018年に実施された第7回全国同時地方選挙共に民主党公認で立候補し[4]、初当選を果たす[1][2]

2020年東アジア文化都市に順天市が内定すると、日本側の文化都市である北九州市から北橋健治市長が順天市を訪問。文化芸術交流事業などについて会談した[5]

詐欺事件編集

2019年7月、順天市民の新聞の代表を務めた時期に地方新聞発展基金1億6000万ウォンを詐取した疑いで起訴された。検察側は1審と2審でいずれも懲役1年6ヶ月を求刑し、2021年2月の1審で懲役10ヶ月・執行猶予2年の懲役刑を宣告された[3]。2022年1月25日の控訴審で、光州地裁は懲役刑の判決を破棄し、2000万ウォンの罰金刑の判決を下した。これにより許は当選無効を回避することになった[6]

脚注編集

  1. ^ a b c 허석 순천시장 "하나된 순천 만들 것"朝鮮日報 2018年6月13日
  2. ^ a b 허석 전남 순천시장 “현장 전문가들의 의견 경청하고, 공정인사로 매관매직 고리 끊겠다” 東亜日報 2018年7月4日
  3. ^ a b 허석 전남 순천시장, 1심서 사기 혐의 직위상실형” (朝鮮語). www.hani.co.kr (2021年2月15日). 2022年6月2日閲覧。
  4. ^ 더민주 전남도당 13곳 후보 확정…순천시장 후보 허석·여수시장 후보 권세도 東亜日報 2018年4月24日
  5. ^ 北九州市長が訪韓、順天市と連携確認 「東アジア文化都市」事業 西日本新聞 2019年7月18日
  6. ^ ‘사기’ 혐의 허석 순천시장, 항소심서 벌금 2000만원… 직위 유지” (朝鮮語). 조선비즈 (2022年1月25日). 2022年6月2日閲覧。
公職
先代:
趙忠勲
順天市長
第9代:2018年 - 2022年
次代:
盧官奎