メインメニューを開く

評定河原球場

評定河原球場(ひょうじょうがわらきゅうじょう)とは宮城県仙台市青葉区花壇にある野球場である。

評定河原球場
評定河原球場
施設データ
所在地 宮城県仙台市青葉区花壇1-1
座標 北緯38度15分23.5秒 東経140度51分57.4秒 / 北緯38.256528度 東経140.865944度 / 38.256528; 140.865944座標: 北緯38度15分23.5秒 東経140度51分57.4秒 / 北緯38.256528度 東経140.865944度 / 38.256528; 140.865944
開場 1936年
所有者 仙台市
管理・運用者 財団法人仙台市公園緑地協会
グラウンド 内野 - 土
外野 - 芝
照明 なし
収容能力
1,200人
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 92 m
中堅 - 107 m

目次

概要編集

広瀬川左岸、評定河原橋の北東にある。管理は財団法人・仙台市公園緑地協会。

両翼92m、センター107m。座席はバックネット裏のみ整備してある。

元は仙台市長を務めた早川智寛所有の牧場で、東北帝国大学旧制二高が使用していた。1936年(昭和11年)学生の勤労奉仕によって整備され、開場。

第二次世界大戦後、宮城球場1950年に竣工するまではプロ野球の試合も開催された野球場である。

1948年5月16日に行われた読売ジャイアンツ金星スターズの試合で、読売ジャイアンツの川上哲治がプロ野球史上初の1イニング2本塁打を達成した地として知られている。

1949年5月7日の大映スターズ阪神タイガースで、大映スターズの大岡虎雄が3打席連続本塁打を放っている。

20世紀末ごろから老朽化などにより、学生野球の公式戦で使われなくなってから整備不良もあり、近年荒廃が激しいグランド状態となっている。。

施設概要編集

  • グラウンド面積:-
  • 内野:土、外野:芝
  • 両翼:92m、中堅107m
  • 照明:なし
  • スコアボード:手書き式

アクセス編集

外部リンク編集