メインメニューを開く

詫摩 治通(たくま はるみち、生没年不詳)は、江戸後期の薩摩藩士。通称・彦輔。先代は詫摩意周

詫摩氏は今和泉郷の郷士で、島津氏の一門家である今和泉島津家の重臣・差次三家の一つである。島津忠喬時代頃から今和泉家に出仕し、世子時代から仕えた島津忠剛の側近を務め、また使者としても活動している。没年は不詳だが島津忠冬忠敬の代にも名が見える。

登場作品編集

テレビドラマ