メインメニューを開く

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は、胃または口から肺に比較的大量の物質が入ることによりなる肺感染症の一種である[1]。よくある徴候や症状は発熱が感染から比較的早期にみられる[1]。合併症には肺膿瘍があげられる[1]。中には非感染性の誤嚥性肺炎の亜型である、酸性の胃の内容物が肺に入り発症する化学性肺炎も含まれる[1][2]

誤嚥性肺炎
Aspiration pneumonia (2).jpg
神経疾患のある高齢者における誤嚥性肺炎の顕微鏡画像。異物巨細胞がみられる。
診療科 救急医学,呼吸器学
症候学 発熱, [1]
通常の発症 高齢者[2]
リスクファクター 意識レベル低下、誤嚥障害、アルコール依存症経管栄養口腔衛生の欠如[1]
診断法 既往歴、症状、胸部X線、培養[2][1]
鑑別 化学性肺炎、結核[1][2]
合併症 肺膿瘍[1]
使用する医薬品 クリンダマイシン、メロペネム、アンピシリン・スルバクタム、モキシフロキサシン[1]
頻度 患者の~10%ほどは入院必要[1]

感染は数種類の細菌が原因である可能性がある[2]。リスク要因には、意識レベルの低下嚥下障害アルコール依存症経管栄養口腔の健康不良などがあげられる[1]。診断は通常、既往歴、症状、 胸部X線培養検査に基づい行われる[1][2]。他の種類の肺炎と区別するのが難しい場合もある[1]

治療は通常、クリンダマイシンメロペネムアンピシリン・スルバクタムモキシフロキサシンなどの抗生物質が用いられる[1]。化学性肺炎のみの患者には、抗生物質は一般的に必要ない[2]。肺炎で入院した患者のうち、約10%は誤嚥によるものである[1]。特に介護老人ホームにいる高齢者に発症することが多い[2]。男女ともに等しく発症する[2]

疫学編集

日本の高齢者においては、肺炎の80%以上を誤嚥性肺炎が占め、死亡統計では第3位の疾病である[3]。毎日2万人の70歳以上の高齢者が誤嚥性肺炎により入院しており、年間医療費は4450億円と試算されている[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p “Aspiration pneumonia: a review of modern trends”. Journal of Critical Care 30 (1): 40–8. (February 2015). doi:10.1016/j.jcrc.2014.07.011. PMID 25129577. 
  2. ^ a b c d e f g h i Ferri, Fred F. (2017) (英語). Ferri's Clinical Advisor 2018 E-Book: 5 Books in 1. Elsevier Health Sciences. p. 1006. ISBN 9780323529570. オリジナルの2017-07-31時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=wGclDwAAQBAJ&pg=PA1006. 
  3. ^ a b 道脇幸博、⻆保徳「70 歳以上の高齢者の誤嚥性肺炎に関する総入院費の推計値」『老年歯科医学』第28巻第4号、2014年、 366-368頁、 doi:10.11259/jsg.28.366NAID 130004553403

外部リンク編集

分類
外部リソース