メインメニューを開く

調所 恒徳(ちょうしょ つねのり、1860年2月15日(万延元年1月24日[1])- 1924年大正13年)12月26日[1][2])は、明治・大正期の鉄道技術者、実業家政治家華族正四位勲四等男爵貴族院男爵議員

目次

経歴編集

薩摩藩士・調所広丈の長男として生まれる[1][3]。父の死去に伴い、1912年1月31日、男爵を襲爵した[1][3][4]

1882年札幌農学校を卒業[2][3]。同年、札幌県御用掛に就任[2]。以後、北海道庁技手、鉄道局技手、仙台営業事務所長、帝国鉄道庁技師、殖産国債社長、青森商業会議所特別議員などを務めた[2][3]。また、父の遺志を受け継いで北海道の殖産事業に尽くした[3]

1918年7月、貴族院男爵議員に選出され[5]公正会に所属して活動し、死去するまで一期在任した[2]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』下巻、91-92頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』77頁。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録』第5版、つ9-10頁。
  4. ^ 『官報』第8582号、明治45年2月1日。
  5. ^ 『官報』第1788号、大正7年7月18日。
  6. ^ 『官報』第5159号「叙任及辞令」1900年9月11日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第5版、1918年。


日本の爵位
先代:
調所広丈
男爵
調所(広丈)家第2代
1912年 - 1924年
次代:
調所一郎