謝 璟(しゃ けい、生年不詳 - 529年)は、南朝斉からにかけての官僚文人は玄度。本貫陳郡陽夏県

経歴編集

南朝宋の司徒主簿の謝稚(謝裕の子の謝恂の子)の子として生まれた。若くして従叔父の謝朓とともに名を知られた。南朝斉の竟陵王蕭子良が西邸を開いて、文学の士を招くと、謝璟もこれに参加した。494年隆昌元年)、西昌侯蕭鸞の下で驃騎諮議参軍となり、記室を兼ねた。後に中書郎に転じ、晋安郡内史をつとめた。502年中興2年)、蕭衍の下で霸府諮議・梁台黄門郎となった。南朝梁の天監年間、司農卿・秘書監・左民尚書・明威将軍・東陽郡太守を歴任した。武帝(蕭衍)は侍中として任用しようとしたが、謝璟は老齢を理由に固辞し、金紫光禄大夫の位を得て、隠居したいと願い出た。529年中大通元年)、病没した。

子に謝徴があった。

伝記資料編集