メインメニューを開く

明帝(めいてい)は、南朝(南斉)の第5代皇帝。姓は(らん)。高帝蕭道成の兄蕭道生の次男。

明帝 蕭鸞
第5代皇帝
王朝
在位期間 494年12月22日 - 498年9月1日
姓・諱 蕭鸞
景栖
諡号 明皇帝
廟号 高宗
生年 元嘉29年(452年
没年 永泰元年7月30日
498年9月1日
蕭道生
江氏
后妃 敬皇后
陵墓 興安陵
年号 建武 : 494年 - 498年
永泰 : 498年
※幼名は玄度

目次

生涯編集

幼い頃に両親を亡くし、叔父の蕭道成により育てられた。武帝の死後、蕭子良とともに若き皇帝蕭昭業を輔佐するが、やがて蕭子良が死去した頃から実権を握り、蕭昭業、代わって皇位に就けた蕭昭文を次々に廃位・殺害し、ついには自らが皇帝となった。

蕭昭業に疑われた時、鄱陽王蕭鏘に庇われて事なきを得たが、即位した時に蕭鏘を殺した。在位中は皇室の権力の抑制策を採る一方で倹約を進め、地方からの進上も控えさせるなどの政策を行った。

有能だったが猜疑心が強い性格で、即位後に武帝の子孫を全員誅殺するなどの所業を重ねた。皇族を処刑する時、自ら毒薬の調合を命じながら焼香して涙を流す不安定な性格だった。

晩年は重病にかかり、道教に没頭したり服装を全て紅くするなどの行動に出たが、病は癒えず、永泰元年(498年)に崩御した。

妻子編集

后妃編集

  • 劉恵端
  • 殷貴嬪
  • 袁貴妃
  • 管淑妃
  • 許淑媛

男子編集

  • 巴陵隠王 蕭宝義(智勇)- 母は殷貴嬪
  • 廃帝 蕭宝巻(智蔵)- 母は劉恵端
  • 江夏王 蕭宝玄(智深)- 母は劉恵端
  • (四男、夭逝)
  • 廬陵王 蕭宝源(智淵)- 母は袁貴妃
  • 鄱陽王 蕭宝寅(智亮)- 母は劉恵端
  • (七男、夭逝)
  • 和帝 蕭宝融(智昭)- 母は劉恵端
  • 邵陵王 蕭宝攸(智宣)- 母は管淑妃
  • 晋熙王 蕭宝嵩(智靖)- 母は殷貴嬪
  • 桂陽王 蕭宝貞 - 母は許淑媛

女子編集

  • 山陰公主
先代:
廃帝海陵王
の第5代皇帝
494年 - 498年
次代:
廃帝東昏侯