メインメニューを開く

譚 廷襄(たん ていじょう、Tang Tingxiang、? ‐ 1870年)、字は竹厓朝の官僚。

浙江省山陰(現在の紹興市)出身。1833年進士となり、庶吉士に選ばれた。刑部主事、郎中、保定知府、刑部侍郎などを歴任した。1856年に陝西巡撫となり、さらに直隷総督代理に昇進した。しかしこのときはアロー戦争の最中で、1858年にイギリス・フランス軍により天津大沽砲台を占領されたため、弾劾され免職となった。1859年、陝西巡撫として復帰し、1861年、山東巡撫となり、捻軍と結んだ幅軍長槍会白蓮教の鎮圧にあたった。1862年には東河総督となり、1864年に刑部侍郎に異動、さらに工部侍郎、戸部侍郎に異動となった。1867年、刑部尚書に昇進した。死後、端恪の諡号を贈られた。

出典編集

先代:
呉振棫
陝西巡撫
1856
次代:
曽望顔
先代:
グイリャン(桂良)
直隷総督
1856-1858
次代:
慶祺
先代:
曽望顔
陝西巡撫
1859-1861
次代:
鄧爾恒
先代:
ウェンユ(文煜)
山東巡撫
1861-1862
次代:
閻敬銘
先代:
黄賛湯
河道総督
1862-1864
次代:
鄭敦謹
先代:
汪元方
都察院漢左都御史
1867
次代:
鄭敦謹
先代:
斉承彦
刑部漢尚書
1867-1870
次代:
鄭敦謹