メインメニューを開く
本来の表記は「文煜」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

文煜(ぶんいく、Wenyu、? - 1884年)、字は星巌朝の官僚。

満州正藍旗人。フォイモ氏(Foimo hala、費莫氏)。刑部郎中、直隷霸昌道、四川按察使などをへて、1853年に江寧布政使に任命された。当時南京太平天国軍に占領されており、文煜は欽差大臣キシャン(琦善)に従って江北大営に駐屯した。1854年、キシャンが病死すると配下の郷勇と食糧補給の事務を引き継いだ。揚州から出撃する太平天国軍と戦ってしばしば打ち破った。1857年、江蘇布政使に転任となり、江南大営の補給を担当した。

その後直隷布政使に異動となり、さらに山東巡撫に抜擢された。山東省では捻軍と戦い、曹州単県でこれを破った。1860年アロー戦争の戦局が悪化し、イギリス・フランス連合軍が北京に迫ると軍を派遣して通州に駐屯させ、自らは済寧で捻軍との戦いにあたった。

1861年直隷総督に就任したが、翌年に張錫珠の蜂起軍を鎮圧できなかったことで免職となった。1863年に鑲黄旗蒙古副都統に任命された。1868年、正藍旗漢軍都統・福州将軍となり、1871年には閩浙総督代理を兼ねた。1874年の日本の台湾出兵に際しては総督の李鶴年、船政大臣の沈葆楨とともに防衛にあたった。

1877年、北京に呼び戻され、内大臣・鑲白旗漢軍都統・左都御史に任命され、さらに刑部尚書となった。その後1881年協弁大学士1883年には総管内務府大臣、1884年には武英殿大学士を歴任した。同年に病で辞任。死後、文達の諡号が贈られた。


出典編集

先代:
崇恩(チュンエン)
山東巡撫
1859-1861
次代:
譚廷襄
先代:
恒福(ヘンフ)
直隷総督
1861-1862
次代:
劉長佑
先代:
イングイ(英桂)
閩浙総督
1871
次代:
李鶴年
先代:
全慶(チュワンキン)
刑部満尚書
1878-1884
次代:
恩承(エンチェン)