メインメニューを開く

警視庁本部庁舎(けいしちょうほんぶちょうしゃ)は、東京都千代田区霞が関にある、警視庁の本部庁舎。首都である東京都を管轄する警察本部である。「桜田門」とも呼ばれる。

警視庁本部庁舎
Keishicho.jpg
施設情報
所在地 東京都千代田区霞が関二丁目1番1号
状態 完成
着工 1977年9月
竣工 1980年6月
用途 官庁庁舎
各種諸元
敷地面積 19,552.8
建築面積 6,582.98
延床面積 99,231.52
関連企業
設計 株式会社岡田新一設計事務所
所有者 東京都
管理運営 警視庁
テンプレートを表示

概要編集

東京都を管轄する警視庁が本部を置いている。警視庁創立(1874年)から100年を記念して建設された。岡田新一設計事務所が設計を手掛け、清水建設が施工した。元々当地には1931年(昭和6年)竣工の旧庁舎(6階建て)が存在していたが、旧庁舎を一旦解体した上で現庁舎を改めて建て直す形が取られた。

竣工から40年近くが経過し老朽化が問題になっていたこと、また2020年東京オリンピックを見据えた設備改修が必要となったことから、2017年より大規模な改修工事に入っている。工事期間中は丸の内の旧東京都庁第三庁舎(住友不動産丸の内ビル)を仮庁舎として利用するほか[1][2]、一部は永田町の旧社会民主党本部(社会文化会館)跡地に建てられた「警視庁永田町庁舎」にも移る[3]

入居機関編集

脚注編集

外部リンク編集