陸軍教導団

大日本帝国陸軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示ノート編集履歴 

陸軍教導団(りくぐんきょうどうだん)とは、1871年12月(明治4年)から1899年(明治32年)11月30日[1]までの間置かれた、大日本帝国陸軍において下士を養成した組織である。

1870年5月(明治2年)に大阪兵学寮(後の陸軍士官学校に当たる。)内に置かれた教導隊をその前身とする。1871年12月(明治4年)に教導隊は教導団と改称されて東京に移され、更に1873年(明治6年)10月に兵学寮から分離されて陸軍省の直轄となった。1899年(明治32年)に廃止された。初期には、沼津兵学校から編入された生徒もいた(古川宣誉早川省義など。)。千葉県東葛飾郡国府台(現在の市川市)などに施設が置かれた。

目次

明治7年編集

概要編集

1874年(明治7年)10月31日に改訂された陸軍教導団概則及び陸軍教導団条例[1]によると、陸軍教導団の概要は次のようなものであった。

陸軍教導団は、陸軍諸兵の下士に任ずべき者を教育培養する兵団であって、その兵種を区分し、次の6科とした。括弧内は毎年採用すべき人数である。

  1. 砲兵(約193名)
  2. 工兵(約78名)
  3. 歩兵(約1,335名)
  4. 騎兵(約24名)
  5. 輜重兵(約30名)
  6. 本楽及び喇叭(約30名)

なお、生徒修業中は、学術を修し、成業を目途となすため、一切、帰省・休暇を許さなかった。下士に任用された場合、下士の服役期間は7箇年であった。

卒業の上、その学術が秀逸であって、殊に行状方正な者は、選抜して更に陸軍士官学校に転入させて、将校の学科を教授した。このため、陸軍教導団は単なる下士養成機関であるにとどまらず、陸軍での出世を目指す者たちの登竜門的な側面を有していた。そして、教導団出身で陸軍士官学校を経た者から将官も多数輩出した。武藤信義に至っては元帥まで昇っている。

採用の条件編集

陸軍教導団の生徒は、近衛及び鎮台の兵卒中入団志願の者並びに華族士族平民中で、陸軍出身志願の者から充てた。その採用条件は次の通りである。

  1. 年齢:18歳から25歳まで。本楽及び喇叭は15歳から23歳まで。
  2. 身長:5(約151.5cm)以上。砲兵は5尺2(約157.6cm)以上。
  3. 身体:体格強壮。なかんずく本楽及び喇叭は歯列斉密の者。
  4. 写字:書束往復に差し支えのない者。
  5. 読書:練兵書等を了解する者。但し本楽及び喇叭はこれを問わない。
  6. 算術加減乗除を能くする者。但し本楽及び喇叭はこれを問わない。

各隊編集

教導団本部には、次の官僚等が設けられた。

  • 次長
  • 書記(3課に分かれた)
  • 筆生
  • 会計官(3課に分かれた)
  • 教官(4課に分かれた)

教導団には次の隊が設けられた。

  • 砲兵大隊(海岸砲兵の教導も兼ねた。)
  • 工兵大隊
  • 歩兵大隊
  • 騎兵大隊(輜重兵の教導も兼ねた。)
  • 楽隊(喇叭の教導も兼ねた。)

明治23年-明治32年編集

概要編集

陸軍教導団条例(明治23年勅令第47号)[2]によると、以下のような概要であった。陸軍教導団は、華族、士族、平民中で、歩兵、騎兵、野戦砲兵、工兵、輜重兵科の下士に出身志願の者を選抜して生徒となして、下士たるに必要な教育を施すことを目的とした。

生徒の学期は、概ね毎年12月に始まり、各兵科毎の修業年限は次の通りであった。なお、生徒修業中は一切、帰省・休暇を許さなかった。

  • 歩兵科:16箇月
  • 騎兵科:18箇月
  • 砲兵科:20箇月
  • 工兵科:20箇月
  • 輜重兵科:18箇月

学期末の終末試験に及第した者には、陸軍教導団教則卒業證書を付与して、2等軍曹[3]に任じた。

職員編集

職員としては次のものを置いた。

  • 団長:歩兵大佐又は歩兵中佐。歩兵生徒隊長を兼ねる。
  • 副官大尉1人、中尉1人
  • 病院長:2等軍医正
  • 生徒隊長:少佐1人、大尉3人
  • 隊附士官:大尉4人、中尉20人
  • 歩兵生徒隊附副官:中尉1人
  • 砲兵生徒隊附副官:中尉1人
  • 軍吏:6人
  • 軍医:8人
  • 薬剤官:1人
  • 獣医:3人

団長編集

  • 波多野毅 歩兵中佐:1890年3月26日 - 1892年11月22日
  • 沖原光孚 歩兵大佐:1892年11月22日 - 1893年5月3日
  • 山中信儀 歩兵中佐:1893年5月3日 - 1895年12月26日
  • 隠岐重節 歩兵大佐:1895年12月26日 - 1897年2月17日
  • 西島助義 歩兵大佐:1897年2月17日 - 1898年3月3日
  • 須永武義 歩兵中佐:1898年3月3日 - 10月1日
  • 小畑蕃 歩兵大佐:1898年10月1日 - 1899年11月30日
元教導団残務整理委員長
  • 小畑蕃 歩兵大佐:1899年11月30日 -

教導団出身者編集

大将まで昇った者編集

  • 武藤信義:大正14年任大将、昭和8年5月3日元帥
  • 田中義一
  • 中村覚:明治5年7月入団、明治6年11月任陸軍伍長、大正4年1月任大将。
  • 神尾光臣:明治5年10月入団、明治9年2月任歩兵軍曹、大正5年6月任大将。
  • 鮫島重雄:明治6年1月入団、明治6年6月任陸軍伍長、明治44年9月6日任大将。
  • 河合操:明治12年入団、大正10年任大将。
  • 菊池慎之助:明治16年10月入団、大正12年任大将。
  • 白川義則:明治17年1月入団、明治19年1月任陸軍工兵二等軍曹、大正14年3月任大将。
  • 鈴木荘六
  • 岸本鹿太郎:昭和4年任大将。

中将まで昇った者編集

少将まで昇った者編集

  • 奥山義章:明治5年(1872年)入団、明治39年(1906年)任少将。
  • 早川省義:1903年任少将。
  • 樋口喜吉:明治11年(1878年)入団、大正4年(1915年)任少将。
  • 横田宗太郎:明治9年(1876年)入団、明治42年(1908年)任少将。
  • 渡辺兼二:明治18年(1885年)入団、大正4年(1915年)任少将。

佐尉官まで昇った者編集

  • 岩倉久米雄:明治17年(1884年)陸軍教導団工兵生徒申付、明治43年(1910年)被任砲兵大佐
  • 大越兼吉:1885年(明治18年)入団、1905年(明治38年)被任中佐。
  • 根津一少佐
  • 藤巻胤家:明治5年(1872年)教導団歩兵科入学、明治7年(1874年)被任軍曹、明治23年(1890年)被任歩兵大尉
  • 荒尾精:1878年(明治11年)砲兵科へ入団、大尉。
  • 福島泰蔵:1888年(明治21年)陸軍教導団卒業、陸士(士官候補生2期)卒業、1898年(明治31年)被任大尉。
  • 平石弁蔵:1893年(明治26年)教導団歩兵科入学、少佐
  • 神成文吉:1901年(明治34年)被任歩兵大尉
  • 白瀬矗:1881年(明治14年)教導団卒業、中尉
  • 屋部憲通:中尉
  • 長谷川戍吉:1886年(明治19年)入団、騎兵少佐。

その他の出身者等編集

職員だった者編集

  • 梅沢道治:明治5年(1872年)3月、陸軍教導団付(少尉心得)。
  • 福原和勝:1873年(明治6年)6月、陸軍教導団司令長官心得(大佐)。
  • 福島安正:1879年(明治12年)3月-12月、陸軍教導団歩兵大隊付(歩兵中尉)。
  • 長岡外史:明治13年(1880年)6月、陸軍教導団小隊長(歩兵少尉)。
  • 山中信儀:1893年(明治26年)4月-1895年(明治28年)、陸軍教導団長(中佐、後に大佐)。
  • 西島助義:1897年(明治30年)2月-1898年(明治31年)、陸軍教導団長(大佐)。
  • 真鍋斌:かつて陸軍教導団出仕。
  • 沖原光孚:かつて陸軍教導団長。
  • 豊辺新作:かつて陸軍教導団騎兵中隊小隊長。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 明治32年10月2日勅令第393号。
  2. ^ 陸軍教導団条例(明治23年勅令第47号)は、明治32年勅令第393号により、明治32年11月30日に廃止された。
  3. ^ この当時の2等軍曹とは、後年の伍長に相当するものである。

関連項目編集