メインメニューを開く

豊前王(とよさきおう、延暦24年(805年) - 貞観7年2月2日865年3月3日))は、平安時代初期から前期にかけての皇族知太政官事舎人親王の曾孫にあたる木工頭・栄井王の子[1]官位従四位上伊予守

経歴編集

淳和朝天長3年(826年大学助に任官し、まもなく式部大丞に転任する。天長5年(828年)父・栄井王が没したため官職を辞すが、中の間にかかわらず勅令により本官に復した。のち、淳和朝後半は諸陵助大宰大監を歴任した。

仁明天皇即位した天長10年(833年)の新嘗の宴において従五位下叙爵承和元年(834年備中守に任ぜられると、三河守安芸守伊予守と主に地方官を歴任する一方、短期間ながら大膳大夫大蔵大輔・班大和田使次官と京官も務めた。またこの間の承和14年(847年)には従五位上に昇叙されている。

文徳朝仁寿3年(853年正五位下大和守に叙任されて引き続き地方官を務め、斉衡2年(855年左京権大夫を兼ねる。天安元年(857年)母の死去に伴い辞官する。

天安2年(858年清和天皇の即位後まもなく民部大輔に任ぜられ、貞観元年(859年従四位下に昇叙、貞観3年(861年)伊予守に転じるが遙任であった。

貞観4年(862年参議以上の官職に就いている者に対して、時の政治に関して議論させ諸政策の効果について詳らかにせよとの詔勅が出された。この際、右大臣藤原良相により参議以外の者で意見を述べさせるべき者の一人として、若い頃から才学が高く長きに亘り内外の諸官を歴任しており、特別の事跡はないが十分に老成しているとの理由で、豊前王の名が挙げられている。ここで豊前王は、二世から四世の皇族に対して夏と冬に朝廷から賜与される衣服王禄)について、人数を限っていないために対象者が5-600人にも上って朝廷の財政を圧迫していたことから、現状の対象人数を定員として欠員が出た場合のみ補充することとし、上限を越えて賜与を行うべきでないと建言し、採用されている。

貞観6年(864年)従四位上に叙されるが、翌貞観7年(865年)2月2日卒去享年61。最終官位は従四位上行伊予守。

人物編集

幼少の頃より博学であるとして称賛されていた。他人を侮り傲り高ぶる性格で、自慢ばかりしていたことから、人から避けられることが多かった。常に侍従の部屋で人々の優劣を論じ、それを自分の務めであるとし、談笑する日々を過ごしていたという。規則を守らず勝手気ままに振る舞う所があり、五世以下で位階が五位の諸王は紫色衣服着用が禁ぜられていたが、豊前王は五世王で五位であったにもかかわらず紫色の衣服を着ていたために、官吏から糺されてしまった。のちに豊前王は今度は緋色の衣服を着たという[2]

説話編集

今昔物語集』に除目の結果についての予想がよく的中すると評判になったとする説話がある。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 「近江国御家人井口中原系図」(鈴木真年『諸氏家牒』上 所収)では「舎人親王-船王-栄井王」とするが、『日本三代実録』(貞観7年2月2日条)で栄井王を舎人親王の四世の子孫としていること、船王(764年配流)と栄井王(828年没)の活躍時期の相違から、栄井王は船王の孫にあたると想定される。
  2. ^ a b 『日本三代実録』貞観7年2月2日条
  3. ^ a b c 「近江国御家人井口中原系図」(鈴木真年『諸氏家牒』上 所収)
  4. ^ 『日本三代実録』元慶8年11月5日条

参考文献編集