メインメニューを開く

豊田 実(とよた みのる、1963年 - 2011年)は、日本医学者医師医学博士札幌医科大学)。札幌医科大学医学部教授

北海道美唄市出身。1982年北海道岩見沢東高等学校卒業。札幌医科大学医学部卒業。同大学院医学研究科博士課程修了。その後、北海道立江差病院医師国立がん研究センター発がん研究部研究員、アメリカ・ジョンズ・ホプキンス大学癌研究所に留学。2000年札幌医科大学医学部助手、2004年同医学部講師を経て、2008年同医学部教授。2011年6月胆管がんにより死去。

1993年 札幌医科大学より医学博士 論文の題は「上皮性腫瘍細胞におけるc-kit及びkit ligandの発現 」[1]

研究領域編集

専門は、産婦人科学消化器内科学発がん作用について研究。

主要論文編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース