象ヶ鼻 平助(ぞうがはな へいすけ、1836年天保7年) - 1890年明治23年)3月18日)は安房国館山(現・千葉県館山市)出身の大相撲力士。最高位は大関。身長171cm、体重103kg。所属部屋は谷川部屋雷部屋→高砂改正組。幸運かつ異例なスピード出世で知られる。

略歴編集

幕下二段目・鍬形の4代谷川の門人となり1859年安政6年)11月鍬形 平次の名で幕下に付出される。1861年万延2年)轟 平助と改め1866年慶応2年)11月場所4日目より丸亀藩の抱えとなり象ヶ鼻 平助を名乗る。1868年(慶応4年)6月入幕。1870年(明治3年)4月小結を飛ばして関脇、翌1871年(明治4年)3月鬼面山谷五郎の引退を受けて大関に昇進。入幕から6場所での大関は年功序列の当時としては考えられないスピード出世だった。たくましい体で力量もあったが不器用な取り口で大関わずか3場所で1872年(明治5年)4月限りで引退した。

年寄白玉となるも翌1873年(明治6年)高砂改正組事件が起こると改正組に加わり大関を務めたが、これも長続きせず不遇のうちに郷里に帰り1890年(明治23年)3月18日に55歳で没した。

成績編集

  • 幕内9場所 36勝16敗30休7分1預

関連項目編集

参考文献編集

  • 酒井忠正「日本相撲史」中巻、1964年
  • 「大相撲人物大事典」、2001年 ISBN 9784583036403