メインメニューを開く

象鼻杯(象鼻盃、ぞうびはい)とは、ハスの途中で切り落とし、そのハスを用いてなどの飲み物を注ぎ反対側の茎の切り口の部分から葉に注いだ酒などを飲むものである。「象鼻杯席」(象鼻盃席、ぞうびはいせき)あるいは「碧筒杯」(へきとうはい)ともいう。また、ハスを用いて飲む酒は「蓮酒」とも呼ばれる。ハスのある庭園などでは季節行事として象鼻杯を催しているところもある。

関連項目編集

外部リンク編集