メインメニューを開く

貞門派(ていもんは)は、江戸時代前期の歌人俳人連歌も行った松永貞徳1571年1654年)によって提唱された俳諧の流派。

貞徳は、俳諧が和歌・連歌を詠むにあたっての基礎であると考え、俗語や漢語などのいわゆる俳言(はいごん)を使うことを主唱した。貞門派の俳風は言葉遊びの域を出ず、その後西山宗因が主張した談林派俳諧に押されるようになるが、江戸時代後期まで影響力を有した。

主な門人編集

関連項目編集