貫 助八(ぬき すけはち)/貫 元助(ぬき もとすけ)は、戦国時代の武将。豊前国企救郡貫庄(現在の福岡県北九州市小倉南区貫)の生まれで、毛利氏の家臣。元助

 
貫助八/貫元助
時代 戦国時代
生誕 享禄4年(1531年
死没 永禄4年11月23日1561年12月29日
別名 貫元助
主君 毛利元就
氏族 貫氏
兄弟 助八助次郎
娘2人
テンプレートを表示

生涯編集

享禄4年(1531年)、豊前国企救郡貫庄に生まれ、毛利元就に仕える。貫氏は豊前国企救郡貫庄を本拠とし、地名から貫氏を称した。

永禄2年(1559年6月21日毛利隆元から、石見国温湯城小笠原長雄が和睦したいと種々懇望してきているが許容せずに討ち果たすつもりであるという旨の書状を受け取る[1]

永禄4年(1561年)の第四次門司城の戦いに従軍したが、戦死した。享年31。この時の助八の忠勇を賞して毛利隆元は助八の母に書状[2]を出し、貫氏への賞恩として豊前国貫庄内に75石と感状を与えた。助八に嗣子はいなかったため、弟の助次郎が後を継いだ。なお、助八の母宛ての隆元の書状では、もし助次郎が後を継げなかった場合、助八の2人の娘のうちのいずれかに誰かを婚姻させて、助八の後を継がせるように述べている。

脚注編集

  1. ^ 貫半左衛門家証文、永禄2年(1559年)比定6月21日付 貫助八宛て毛利隆元書状。『中世川本・石見小笠原氏関係史料集』108頁に収録。
  2. ^ 萩藩閥閲録』巻150「貫半左衛門」第1号、永禄4年(1561年11月23日付 貫助八母宛て毛利隆元書状。

参考文献編集

  • 『萩藩閥閲録』巻150「貫半左衛門」
  • 川本町教育委員会編『中世川本・石見小笠原氏関係史料集』川本町・川本町教育委員会発行、2021年