メインメニューを開く

赤ちゃん教育』(あかちゃんきょういく、Bringing Up Baby)は1938年RKO制作のスクリューボール・コメディ

赤ちゃん教育
Bringing Up Baby
Bringing up baby film still.jpg
キャサリン・ヘプバーン(左)とケーリー・グラント
監督 ハワード・ホークス
脚本 ダドリー・ニコルズ
ヘイジャー・ワイルド
製作 ハワード・ホークス
出演者 キャサリン・ヘプバーン
ケーリー・グラント
音楽 ロイ・ウェッブ
撮影 ラッセル・メティ
編集 ジョージ・ハイヴリー
製作会社 RKO
配給 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1938年2月18日
大日本帝国の旗 1939年8月17日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1,073,000ドル
配給収入 811,000ドル(北米)
459,000ドル(海外)[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

"Baby"(「赤ちゃん」)という名のを飼う我が侭な令嬢と、彼女に振り回される真面目な古生物学者を描く。

キャスト編集

※日本語吹替:初放送1970年6月29日 13:00-14:26 東京12チャンネル『奥様映画劇場』

評価編集

キャサリン・ヘプバーン演じるスーザンはホークス的女性像の典型例と評されている[2]

脚注編集

  1. ^ RKO Feature Film Ledger, 1929-51
  2. ^ King, Susan (2003年8月13日). “Not just pretty faces” (英語). Los Angeles Times. ISSN 0458-3035. http://articles.latimes.com/2003/aug/13/entertainment/et-king13 2019年1月3日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集