メインメニューを開く
赤土 正強
足利市長を務めていた頃

赤土 正強(赤土 正强、しゃくど まさたけ[1]1888年明治21年)8月16日[1] - 1944年昭和19年)3月11日[2])は、日本の内務官僚足利市長

経歴編集

奈良県北葛城郡下田村(現在の香芝市)出身[2]天王寺中学校を経て、第四高等学校を卒業[2]1912年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1913年東京帝国大学法科大学英法科を卒業。内務省に入省し滋賀県属となる。

以後、滋賀県警視、同県神崎郡長、同野洲郡長、鳥取県理事官視学官京都府理事官・産業部長、山梨県書記官・警察部長、奈良県書記官・内務部長、愛媛県書記官・内務部長、福島県書記官・内務部長、長崎県書記官・総務部長などを歴任[2]

1937年7月8日、依願免本官となり退官した[2]。退官後、足利市長を1944年1月まで務め、特に渡良瀬川と袋川の改修工事に尽力した[2]

脚注編集

  1. ^ a b 『全国市長銘鑑』P.18
  2. ^ a b c d e f 故勲四等赤土正強叙勲の件

参考文献編集


公職
先代:
久保種一
足利市長
第5代:1937 - 1944
次代:
真鍋安次