赤城颪(あかぎおろし)とは、群馬県中央部(赤城山)から東南部において、冬季に北から吹く乾燥した冷たい強をさす。群馬全域では「上州空っ風(じょうしゅうからっかぜ)」と呼ばれる。

大陸シベリア高気圧から日本列島に向けて吹いてきた風は、群馬・新潟県境の山岳地帯にぶつかることで上昇気流となり、日本海側に大雪を降らせる。山を越えた風は水蒸気を失っているので、非常に乾いた冷たい風となって吹き降ろす。これが赤城颪の要因である。群馬県太田市、同伊勢崎市の郊外では、赤城おろしにより畑地の砂が巻き上げられ空を黄色く染める光景が多く見られる。

赤城山方面から吹き降ろすことからこう呼ばれる。上記の理由により赤城山以北では「空っ風」であり「赤城颪」とは呼ばれない。

かかあ天下かかあでんかとともに、群馬県の特徴を現すものとされ、「空っ風」と読むことで3つを合わせて「群馬の3K」と呼ばることがある。

上毛かるたでは、「雷(らい)と空っ風、義理人情」と詠まれている。

太田・伊勢崎より更に先の利根川の対岸にある埼玉県北部地域・利根地域にも強く吹き込んでおり、加須市にある「志多見砂丘」は、赤城颪によって形成された河畔砂丘とされている[1]

脚注編集