メインメニューを開く

赤岩旅館(あかいわりょかん)は、岡山県真庭市勝山に昭和初期まで存在した旅館。太平洋戦争終結前夜、永井荷風が疎開中の谷崎潤一郎を訪ねて宿泊し、牛鍋を食べた[1][2]

2017年現在は、手書き絵葉書の店舗となっている。勝山町並み保存地区に近接している。

交通編集

その他編集

  • 谷崎潤一郎が疎開していたところに隣接している。

出典編集

  1. ^ 『断腸亭日乗』1947年7月 - 8月。
  2. ^ 谷崎潤一郎『谷崎潤一郎全集 第16巻 疎開日記』中央公論社。
  3. ^ 『勝山町並み・体験クラフト市2015報告書』勝山文化往来館ひしお、2015年、33頁。
  4. ^ 『勝山町並み・体験クラフト市2016報告書』勝山文化往来館ひしお、2016年、32頁。
  5. ^ 『勝山町並み・体験クラフト市2017報告書』勝山文化往来館ひしお、2017年、25頁。

座標: 北緯35度4分50.8秒 東経133度41分31.4秒 / 北緯35.080778度 東経133.692056度 / 35.080778; 133.692056