メインメニューを開く
越山太刀三郎

越山 太刀三郎(こしやま たちさぶろう、1863年7月14日文久3年5月29日[1] - 1929年昭和4年)6月11日[1])は、明治から大正時代の政治家実業家衆議院議員(2期)。旧姓は高畑[2]

経歴編集

津藩士高畑蔀の三男として伊勢国(のちの三重県)に生まれ、越山みちの養子となり家督を相続する[2]1881年(明治14年)滋賀師範学校を卒業し、小学校教員となる[3]。ついで内閣枢密院勤務を経て[3]伊東巳代治の知遇を得て1891年(明治24年)東京日日新聞日報社専務となる[1]。のち帝国商業銀行監査役、東京電燈常務取締役、日本紙器監査役、東台銀行取締役会長、大正板硝子監査役などを歴任する[3]

1917年(大正6年)5月の第13回衆議院議員総選挙では津選挙区から無所属で出馬し当選[3]。つづく第14回衆議院議員総選挙でも当選し、2期衆議院議員を務めた[3]庚申倶楽部に所属した[3]1925年(大正14年)12月、池上電気鉄道社長に就任し、1927年(昭和2年)3月まで在任した[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『越山太刀三郎』 - コトバンク
  2. ^ a b 人事興信所 1928, コ113頁.
  3. ^ a b c d e f 衆議院、参議院 編 1962, 202頁.
  4. ^ 東京横浜電鉄(株)『東京横浜電鉄沿革史』(1943.03)渋沢社史データベース

参考文献編集


先代:
高柳淳之助
池上電気鉄道社長
第4代:1925年 - 1927年
次代:
中島久万吉