メインメニューを開く

池上電気鉄道

かつて日本の東京に存在した鉄道事業者

池上電気鉄道(いけがみでんきてつどう:以下・池上電鉄と記す)は、現在の東京急行電鉄(東急)池上線に相当する路線を運営していた鉄道事業者である。

池上電気鉄道
Ikegami-Dentetsu logomark.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
東京府東京市京橋区銀座8丁目[1]
設立 1917年(大正6年)10月[1]
業種 鉄軌道業
代表者 専務取締役 五島慶太[1]
資本金 7,000,000円[1]
特記事項:上記データは1934年(昭和9年)現在[1]
テンプレートを表示

概要編集

東京都大田区池上に所在する日蓮宗池上本門寺への参詣輸送のために1917年設立された鉄道事業者である。軌間1067mm、直流600ボルト架空電車線方式が採用された。1922年に蒲田 - 池上間が開業し、その後1928年に蒲田 - 五反田間が全通した。貴族院議員による私物化や、起点・終点の変更、競合する鉄道事業者との対立を経て1934年目黒蒲田電鉄に買収され会社は消滅した。

歴史編集

開業まで編集

1912年明治45年)、目黒から池上を経て大森へ至る鉄道路線の免許申請が行われ、1914年大正3年)4月8日に認可された[2]。だが、発起人は信用力に乏しい者が多く、満足に資金を集められないまま時間だけが過ぎていた。ようやく会社の設立[3]に漕ぎ付けたのが1917年(大正6年)6月24日で、大森側から線路の敷設を計画した。

しかし、その後も資金不足が続く。その最中、衆議院議員(のちに貴族院議員)[4]高柳淳之助が支援を表明する。高柳は一般の資産家から資金を集め、資金繰りに行き詰まった企業を支援し再生させる、企業再生ファンドに類する事業を行っており、池上電鉄も高柳の傘下で再生されることになった。大森付近では用地買収が難航したため、支線として新たに池上 - 蒲田間の免許[5]を受けて開業させることとし、1922年(大正11年)10月6日に池上 - 蒲田間が開業した[6]

新製する電車の部品調達が開業に間に合わないことが判明すると、高柳は静岡県の駿遠電気(現在の静岡鉄道)に直談判し、中古の電車2両[7]を調達し開業に間に合わせた。開業直後に開かれた本門寺のお会式に多くの乗客が詰め掛け、順調な滑り出しを見せた。

高柳淳之助による私物化編集

開業後の路線は単線軌道で、蒲田駅では調達した中古電車の内の1両を待合室代わりに使用した。高柳は池上電鉄の資材調達を自らの会社を経由して行なったが、投資家から集めた資金の多くが高柳の懐へと流れた。さらに高柳が直談判で調達した廃車寸前の中古電車[7]も、新品に近い価格で売却された。建設資金が不足したため、通常なら都心に近い目黒から建設するところを、建設費のかかる目黒側を避けて建設せざるを得なかった。

高柳は延伸工事の資金を集める名目でダミー会社を多数作り、池上電鉄の実態を知らない地方の投資家から資金を吸い上げ続けた。実際に池上電鉄の延伸に使われた資金はわずかで、1923年(大正12年)5月4日にようやく雪ヶ谷駅(後に調布大塚駅と合併して雪ヶ谷大塚駅、現在の雪が谷大塚駅)まで開業した[8]。また、洗足池の水面利用権を得て観光開発を行うなど乗客の増加を図ったが、乗客の増加につながらなかった。このような中、私財の蓄積に奔走する高柳の実態が明らかになり、世間から手厳しい非難を浴び、高柳は池上電鉄から手を退いた[9]

目黒蒲田電鉄傘下へ編集

その後、池上電鉄は東京川崎財閥傘下となるが、1923年11月1日に、目黒蒲田電鉄(以下、目蒲と記す。後の東京急行電鉄)が池上電気鉄道の計画と完全に並行する目蒲線(蒲田 - 目黒間)を開業させた。これにより路線の起点を目黒から五反田に移した。五反田駅から中延・雪谷方面へは並行して中原街道が走っていたことから、池上電鉄は鉄道先行として乗合自動車を運行することにし、1927年(昭和2年)、五反田駅と中延の間で運行を始めた[10]

1928年(昭和3年)6月17日に雪ヶ谷 - 五反田間の全線が開通[11]したことで乗客数は増えたが、建設費の償還が重くのしかかることとなった。池上電鉄の地盤は目蒲に封じ込められた形となり、これ以上の乗客の伸びは期待できなかった。そのため、勢力拡大を目指して五反田より先、京浜電気鉄道(以下京浜と記す。現・京浜急行電鉄)の青山線(未成線)に呼応する形で白金・品川方面への延伸計画を立てた[12]。五反田駅が山手線を乗り越えるような高架駅となっているのはこのためである。

しかし、鉄道大臣小川平吉による免許ばらまきの一環で、京浜が東京地下鉄道への乗り入れを狙った免許を取得。池上の地盤を侵食するものであったため池上電鉄と京浜の関係は一転して悪化し、白金方面への延長は中止された[13]

白金延長は頓挫したものの、池上電鉄は路線拡大のため、免特許を次々と申請する。当初の構想通りに大森への併用軌道による延長もその一つであったが、道幅の狭い池上通りに軌道を敷設することを東京市に反対され挫折。1930年(昭和5年)、乗合自動車で営業を開始することになった。

唯一実現したのは、雪ヶ谷 - 国分寺間の敷設計画[14]で、1928年10月5日新奥沢線として雪ヶ谷 - 新奥沢間が開業した[15][16]。しかし、これは目蒲の地盤を侵略することになった。目蒲を経営する五島慶太が「目蒲と池上電気鉄道の無駄な競合は避けるべきだ」と川崎財閥の川崎肇に直接掛け合い、1934年(昭和9年)10月1日に池上電鉄は目蒲に吸収合併され、同社の池上線となった。1935年には、両社の駆け引きの象徴的存在であった新奥沢線が廃止された[17]

年表編集

保有路線編集

  • 本線:蒲田 - 池上 - 五反田間11.0km
  • 新奥沢線:雪ヶ谷 - 新奥沢間1.4km

輸送・収支実績編集

年度 輸送人員(人) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円)
1922 50,814 7,681 4,064 3,617
1923 521,755 77,445 35,150 42,295 創立費償却金3,815 32,676
1924 867,976 91,542 38,551 52,991 雑損945 50,700
1925 1,099,203 80,012 60,102 19,910 9,172
1926 1,283,202 74,963 61,670 13,293 20,867
1927 1,947,866 141,071 91,572 49,499 自動車業1,277 雑損768 6,000
1928 7,928,414 439,150 211,547 227,603 自動車業10,377 98,325
1929 11,873,346 667,764 289,321 378,443 自動車業その他15,079 償却金8,000 212,587
1930 12,762,749 677,335 298,585 378,750 自動車業その他48,773 償却金22,000 233,236
1931 13,405,329 670,200 309,710 360,490 自動車業その他93,785 償却金35,000 247,792
1932 13,593,416 681,998 316,702 365,296 自動車土地業その他93,600 償却金36,000 246,844
1933 13,954,889 686,550 336,909 349,641 自動車88,730 償却金18,000 237,849
1934 14,051,489 643,929 335,619 308,310 自動車業その他61,748 208,317
  • 鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料、鉄道統計各年度版

保有車両編集

施設編集

  • 嶺変電所、水銀整流器(交流側500V直流側550V)直流側の出力500kW、常用2、製造所BBC
  • 同上、電動発電機(交流側3000V直流側550V)直流側の出力300kW、予備1、製造所小穴
  • 池上変電所、水銀整流器(交流側500V直流側550V)直流側の出力500kW、常用1、製造所BBC
  • 戸越変電所、水銀整流器(交流側500V直流側550V)直流側の出力500kW、常用1、製造所BBC

バス事業編集

9路線、車両42台、定員5人-14人(フォードAA29年式及び31年式17台、フォードA30年式5台、フォードBB32年式13台、シボレーRT29年式2台、ウーズレーCG29年式5台)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『日本全国諸会社役員録. 第42回(昭和9年)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1914年4月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第26回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 第14回衆議院議員総選挙茨城県、貴族院議員になるのは1925年9月選挙において議員勅任『官報』1925年9月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 1918年12月28日免許「軽便鉄道免許状下付」『官報』1919年1月7日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1922年10月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ a b 書類上は池上電鉄の開業と同じ1922年に製造された車両とされる。
  8. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1923年5月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 滋賀大学経済学部研究年報Vol.11 P.55 - 78 『“虚業家”高柳淳之助による似非・企業再生ファンドの挫折 ―ハイ・リスクの池上電気鉄道への大衆資金誘導システムを中心に―』
  10. ^ 1934年時点『全国乗合自動車総覧』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年6月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 1926年12月6日免許「鉄道免許状下付」『官報』1926年12月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 「鉄道免許取消」『官報』1934年9月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 1927年12月16日免許「鉄道免許状下付」『官報』1927年12月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  15. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年10月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  16. ^ 荏原郡調布町-北多摩郡国分寺村間は1930年免許失効「鉄道免許失効」『官報』1930年7月3日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  17. ^ 「鉄道一部運輸営業廃止実施」『官報』1935年11月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目編集