趙 茂(ちょう も、1099年9月1日 - 11月17日)は、北宋哲宗の息子。賢妃劉氏(昭懐皇后)の息子で、純美帝姫の同母弟である。

生涯編集

元符2年8月8日(1099年9月1日)未時に生まれ、夜間に官員たちが集合して祝賀した。9月、劉氏は皇后に昇進した。

生まれながらにして病弱で、医術の甲斐もなく、同年閏9月26日(11月17日)未時に夭折した。趙茂と名付けられ、越王の位号を追贈され、「沖献」とされて、奉先資福禅院に葬られた。3日後、姉の純美帝姫も病没した。父の哲宗は悲嘆のあまり10日間絶食して、自身も健康を害し、3カ月後の元符3年(1100年)1月に崩じた。

哲宗の崩御後まもなく、元祐皇后(哲宗の廃后)が皇宮に召還され、殺害された卓氏[1]が趙茂の実母であったと噂された。同年5月、劉皇后は激怒して上奏文で自身の潔白を公表し、公開審判を請求した。崇寧元年(1101年)、徽宗により劉皇后の名誉が回復され、趙茂は皇太子の位を追贈されて「献愍」と改諡され、哲宗の永泰陵に従葬された。

伝記資料編集

  • 『皇宋十朝綱要』
  • 『曾公遺録』
  • 『宋会要輯稿』

脚注編集

  1. ^ 「卓氏」については記録が全くない。早世した側女の可能性はあるが、架空の人物の可能性もある。