メインメニューを開く

足利 貞数(あしかが さだかず、生没年不詳)は、鎌倉時代中期の武士

鎌倉幕府の有力御家人足利家氏の子で、母は星名(保科)守隆女。兄弟に斯波氏(足利尾張家)を継いだ宗家、後の石橋氏の祖となった義利がいる。「貞」字は執権北条貞時からの偏諱大板次郎と称したことから大板貞数とも記される。

参考文献編集

  • 小川信『足利一門守護発展史の研究』(吉川弘文館、1980年)
  • 今谷明藤枝文忠編『室町幕府守護職家事典〔上〕』(新人物往来社、1988年)

関連項目編集