メインメニューを開く

石橋氏(いしばしし)は日本武家の姓のひとつ。

  1. 甲斐美濃下野三河尾張相模武蔵常陸などに石橋村がありこれらより起こる。姓の石橋氏が最も有名である。現在千葉県島根県福岡県などに多い。
  2. 清和源氏甲斐源氏米倉氏流。甲斐国八代郡小石和筋石橋村より起こる。→ 石橋氏 (甲斐国)
  3. 清和源氏足利氏流 以下で解説する。
  4. 清和源氏義綱流。美濃国石橋より起こる。義綱の子の義仲を祖とする。 → 石橋氏 (美濃国) また、義綱の七男の義直を祖とする。 → 石橋氏 (河内国)
  5. 宇多源氏佐々木氏流真野定時の子の定範を祖とする。 → 石橋氏 (佐々木氏)


名字の由来編集

石橋の名を地名に由来するのもだとすると、『姓氏家系大辞典』などでは、下野国都賀郡石橋(現・栃木県下野市石橋)が和義の名字のもととなったと想定しているが、鎌倉期の足利家領三河国設楽郡(現・愛知県豊田市足助町石橋)にも石橋の地名があり、山城国葛野郡(現・京都府京都市中京区石橋町)にも石橋の地名があり、全国各地に石の橋に因んで存在しており、未だに由来が判然としない。いずれにしても、石橋氏の呼称は足利直義宿老及び評定衆の筆頭にまで上り詰めたため、一家として名を表すことが必要だった事によるものであると考えられる。

源姓足利氏一門編集

石橋氏
 
本姓 清和源氏河内源氏足利氏斯波氏
家祖 石橋和義
種別 武家
出身地 下野国都賀郡石橋
三河国設楽郡石橋
山城国葛野郡石橋
主な根拠地 陸奥国安達郡塩松城など
著名な人物 石橋棟義
石橋義仲
支流、分家 塩松氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

足利泰氏庶長子斯波家氏の子広沢義利上野国広沢郷を伝領し、広沢太郎を称した。その子の吉田義博三河国吉田郷に移り住み、吉田三郎を称した。その子石橋和義は初め尾張、次いで石橋と称せられる。和義は足利尊氏に従い、尊氏西走の時、備前国三石城の守備を任された。和義は脇屋義助に包囲されながらも城を守りきり、戦功を上げた。これにより、伯耆国備後国若狭国などの守護を歴任したほか官途奉行、引付頭人、評定衆などと幕府の重役を歴任した。しかし貞治2年(1363年)、再従兄弟である斯波高経と対立し、全役職を解かれて失脚してしまう。

また、足利政権から正式に守護に選ばれたのは、一族で和義が最初であったが、在国一年程度では国人被官化には繋がらず、それが勢力を急速に落とした要因にもなっている。

貞治5年(1366年)、斯波高経が失脚すると将軍義詮は和義の子棟義を抜擢して奥州管領斯波直持吉良貞経と協力して吉良治家を追討させた。棟義は治家を没落させた後も軍事指揮権を維持したまま、土着化する。さらに父和義も奥州に下向し、棟義の支配を助けた。盛んに安堵状を発給し、その量は奥州管領斯波詮持をも凌駕した。しかし至徳3年(1386年)を境に消息が途絶える。

塩松氏の伝承に拠れば、奥羽まで管轄下に置く事になった鎌倉公方足利氏満によって明徳3年(1392年)に宇都宮氏が塩松に入部してきたが、反発する奥州探題大崎詮持応永7年(1400年)に葛西満信らとともに宇都宮氏を追討。同氏が討った大崎氏は詮持の叔父・大崎持義塩松持義として入部させる。数年後(十数年後とも)、持義も没してしまったため、同族に当たる石橋満博(棟義の子)が持義の女婿として入部したとされる。

その後正長永享期には嫡流と思しき「石橋左衛門佐入道」が在京すると共に、正長元年(1428年)の『満済准后日記』に「奥篠河殿、並伊達蘆名白河懸田川俣塩松石橋也」と登場し、安達郡東方を分郡に塩松を名字とする庶流を分出していた。この後も、室町時代において吉良氏渋川氏とともに、足利一門の名門 御一家として幕府内において一目置かれたが、最早守護大名衆の列からは完全に外された存在であった。

塩松石橋家編集

陸奥国安達郡塩松城に拠った塩松石橋家は、もともとは大崎氏の支族であったが、後に上記の下野石橋氏の系統となり、京都扶持衆として鎌倉府の奥州支配に対抗した。篠川御所足利満直は京都方であったので、京都との取次ぎ及び幕府の使者の応接は石橋氏が行っていた。鎌倉府が永享の乱で崩壊した直後の永享12年(1440年)に、満直は畠山満泰二本松持重石橋左近将監石橋祐義蘆名盛信田村利政らに攻められて殺害されたとの説もあるが、塩松石橋家らの関与は疑問が呈されている(実際に篠川御所を弑したのは石川氏であろうと言われる)。いずれにせよ塩松石橋家は、篠川御所を廃した後、一地方国人として存続したと考えられる。この頃の事は国人衆の記述が多い『余目氏旧記』にも出でこない事を考えると、足利一門として大崎氏最上氏と同列に認識されていたと思われ、塩松石橋家は高い家格を誇っていたこともわかる。享徳の乱では石橋義仲が奥州で活躍している。

戦国時代に入り伊達氏の後継争いから生じた天文の乱石橋尚義稙宗派として参戦したが、後に晴宗派に鞍替えしている。しかし、天文19年(1550年)に重臣の大内義綱に実権を奪われて、塩松城内に監禁され、永禄11年(1568年)には塩松城からも追放されてしまった。そして、天正5年(1577年)に尚義は失意のうちに死去したという。これによって塩松石橋家は滅亡した。

島根の石橋氏編集

戦国時代には、出雲国神門郡一窪田・吉野や石見国安濃郡太田北郷などに所領を持ちつつ、国人佐波氏の有力家人となり、雲州商人司に任ぜられた石橋氏の一族と思しき石橋源左衛門尉石橋新左衛門尉が「島根石橋家」に登場する。

福岡の石橋氏(肥前石橋氏)編集

福岡県八女市医師石橋正良宅に伝わる『石橋氏系図』によると、八女地方の石橋一族は、清和源氏と称した肥前出身の武士豊後大友氏の支族である筑後国下田城主堤貞元の重臣石橋右衛門盛清(慶長6年没)が天正年間(1573年から1593年)に、筑後国生葉郡星野村に定住したのがはじまりである。医業は盛清の3代目にあたる作右衛門教清が寛永年間(1624年から1643年)に起こし、爾来、分家新立によって石橋医家の繁栄がもたらされた。森鴎外との「舞姫論争」など、明治の文芸評論家として注目を集めた弁護士石橋忍月はこの流れを汲む。

脚注編集

参考文献編集

遠藤巌「石橋氏」今谷明ほか編 『室町幕府守護職家事典 上下巻』(新人物往来社1988年

関連項目編集

外部リンク編集