踊りにいこうよ」(おどりにいこうよ)、ないし、「アット・ザ・ホップ」(At the Hop) は、アーティー・シンガー英語版ジョン・メドラ英語版デイヴィッド・ホワイト英語版が共作し、オリジナル盤をダニー&ザ・ジュニアーズ英語版がリリースした楽曲[2]。この曲は、1957年秋にリリースされ、1958年1月6日付で全米チャートの首位に達し、1958年の大ヒット曲のひとつとなった[3]。この曲は、R&B ベスト・セラーズのチャートでも首位になった[4]。さらに意外なことに、『ミュージック・ベンダー (Music Vendor)』誌(『レコード・ワールド (Record World)』の前身誌)のカントリー・チャートでも3位まで上昇した。他の諸国でもこの曲は大ヒットとなり、全英シングルチャートでは最高3位に達した。

踊りにいこうよ
ダニー&ザ・ジュニアーズ[1]シングル
B面 サムタイムズ (Sometimes (When I'm All Alone))
リリース
規格 7インチ・シングル(45回転盤)
78回転盤(SP盤)
ジャンル ロックンロール
レーベル ABCレコード
作詞・作曲 アーティー・シンガー
ジョン・メドラ
デイヴィッド・ホワイト
テンプレートを表示

この曲は、ロックンロール・リバイバルのバンドであるシャ・ナ・ナが、1969年ウッドストック・フェスティバルで演奏したことや、1973年に公開された青春映画アメリカン・グラフィティ』を契機に再び注目を集めた。音楽的に見ると、この曲は、12小節のブルース形式ブギウギ・ピアノ、50s進行英語版など、1950年代のロックンロールの最も人気があった形式要素をいくつも盛り込んでいる。

オリジナル盤のダニー&ザ・ジュニアーズのバージョンは、ロバート・クリストガウが編集した、1950年代1960年代の音楽を集めた「ベーシック・レコード・ライブラリー (Basic Record Library)」に選ばれ、『Christgau's Record Guide: Rock Albums of the Seventies』に収録された[5]

背景編集

この曲は、ダニー&ザ・ジュニアーズが、まだザ・ジュヴィニアーズ (The Juvenairs) と称していた1957年に、ホワイト、メドラ、シンガーの3人によって書かれた。当初は、「ドゥ・ザ・バップ (Do the Bop)」と呼ばれていたが、この曲を耳にしたディック・クラークが、バンド名をジュニアーズに変更するよう提案するとともに、「Let's all do the Bop」とあった歌詞を「Let's go to the Hop」に変更させた。クラークの番組であった『アメリカン・バンドスタンド (American Bandstand)』で披露されたのをきっかけに、この曲は人気が高まり、全米チャートの首位に躍り出て、5週間にわたってその座にとどまった[6]

この曲の内容は、ホップ(レコード・ホップ、ソック・ホップ)英語版と称された、当時の十代の若者たちのための形式ばらないダンスパーティーの場面を描いたもので、特にダンスの描写や、ホストのDJとのやりとりが捉えられている。

歌詞の一部を、当時流行していたダンスの名称を斜体にして示すと次のようになる。

You can rock it you can roll it
Do the stomp and even stroll it ← ストロール
At the hop.
When the record starts spinnin'
You chalypso and you chicken at the hop ← チャリプソチキン
Do the dance sensation that is sweepin' the nation
at the hop

ペイオラ編集

2008年アメリカ合衆国で全国放送された PBSドキュメンタリーWages of Spin: Dick Clark, American Bandstand and the Payola Scandals』(「レコードをかける対価:ディック・クラークアメリカン・バンドスタンドペイオラ・スキャンダル」の意)[7]で、の中で、シンガーは、ディック・クラークが出版に関する権利の半分を譲らないと「アット・ザ・ホップ」を放送にかけないと言ってきた、と証言した。シンガーは支払いに同意し、金を払うことになったのは気に食わなかったが、自分が音楽産業の中で成功できたのはクラークのおかげだと思っているし彼に感謝もしていると、当時の状況を「ほろ苦い甘み (bittersweet)」であったと語った。当時、ペイオラ英語版は違法ではなく、また、クラークは、アラン・フリードが追及の的となった1960年のペイオラ公聴会より前にこの曲に関する権利を売却していた。

サウンドトラック編集

脚注編集

  1. ^ 同時代の日本盤では「ダニーとジュニアーズ」と表記されていた。
  2. ^ At the Hop - Danny and the Juniors”. Billboard. 2009年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月5日閲覧。
  3. ^ Macmillan Encyclopedia of Popular Music. Macmillan. (1998). p. 1384. ISBN 0-333-74134-X 
  4. ^ Whitburn, Joel (2004). Top R&B/Hip-Hop Singles: 1942-2004. Record Research. p. 145 
  5. ^ Christgau, Robert (1981). “A Basic Record Library: The Fifties and Sixties”. Christgau's Record Guide: Rock Albums of the Seventies. Ticknor & Fields. ISBN 0899190251. https://www.robertchristgau.com/xg/bk-cg70/basics.php 2019年3月16日閲覧。 
  6. ^ Macmillan Encyclopedia of Popular Music. Macmillan. (1998). p. 1384. ISBN 0-333-74134-X 
  7. ^ The Wages of Spin”. Full cast and crew. IMDb. 2012年9月3日閲覧。

関連項目編集