軌匡(ききょう)とは、レール枕木を組み合わて一体とし、はしご状にした簡易な[疑問点]線路である。

「軌匡」

枕木上に別にレールを敷く通常の方式に比べ、短い工事期間で敷設が可能なため、野戦線路、農業軽便鉄道土木工事などで利用された[疑問点]

関連項目編集