軍平ナイト(ぐんぺいナイト、仏: Gunpei Nights [1])とは、任天堂「ゲームボーイ」の生みの親である横井軍平の功績や思想、その生涯や日本のゲームのクリエイティビティについて語り合う講演イベントのこと[2]

概要編集

特に横井を世に知らしめた『横井軍平ゲーム館』の関係者と、横井に影響を受けたアーティストらをパネリストに、USTREAMニコニコ動画で配信しながら勉強会を行うスタイルで行われる。

軍平ナイト2009
2009年12月9日に東京中目黒サロンにて実施。
MC:佐々木博 VJ TAKUMA パネリスト:牧野武文(『横井軍平ゲーム館』著者)、榎本統太(『横井軍平ゲーム館』編集者)、遠藤諭(『横井軍平ゲーム館』編集人)
京都軍平ナイト
2010年6月12日に『ゲームの父・横井軍平伝 任天堂のDNAを創造した男』(角川書店)発売を記念して、京都リサーチパーク町屋スタジオにて実施。
MC:VJ TAKUMA パネリスト:川田十夢(AR三兄弟 長男)、草彅洋平 (『横井軍平ゲーム館RETURNS』関係者)、佐々木博
軍平ナイト2010
2010年7月30日に『横井軍平ゲーム館』復刻本である『横井軍平ゲーム館RETURNS-ゲームボーイを生んだ発想力』(フィルムアート社)発売を記念して、東京高円寺コモンズにて実施。
MC:VJ TAKUMA パネリスト:牧野武文(『横井軍平ゲーム館』著者)、榎本統太(『横井軍平ゲーム館』編集者)、遠藤諭(『横井軍平ゲーム館』編集人)、山崎功(『横井軍平ゲーム館RETURNS』写真素材提供)、フロラン・ゴルジュ(フランス版軍平本著者、スカイプ参加)
軍平ナイト2012
2012年9月21日に『決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば ものづくりのイノベーション「枯れた技術の水平思考」とは何か?』(P-Vine Books)発売を記念して、内田洋行ユビキタス協創広場CANVAS にて実施。
MC:VJ TAKUMA パネリスト:牧野武文(『横井軍平ゲーム館』著者)、榎本統太(『横井軍平ゲーム館』編集者)、遠藤諭(『横井軍平ゲーム館』編集人)、山崎功(『横井軍平ゲーム館RETURNS』写真素材提供)、フロラン・ゴルジュ(フランス版軍平本著者)、川田十夢(AR三兄弟 長男 / 新軍平本寄稿)


関連項目編集

参照元編集

  1. ^ Florent Gorges&Takefumi Makino "Gunpei Yokoi : Vie & Philosophie du Dieu des jouets Nintendo".(2010).France: Pix'n Love http://twitpic.com/aqp2a2
  2. ^ 幸田フミ, 『手帳なんていらない ソーシャルネットワーク時代の情報整理術』. (2010). "軍平ナイト(注釈)", 東京: かんき出版. http://twitpic.com/aqp1sg

外部リンク編集