輿論(よろん)とは、世の中の多くの人の意見という意味である。

「輿」は1946年公布の当用漢字表に含まれなかったため、「輿論」はほぼ同義で使用されていた「世論」(せいろん、せろん)で書き換えられ、「世論」が「よろん」とも読まれるようになった[1][2]。「世論」を「よろん」と読むのは湯桶読みに当たる[2]

中国語編集

「輿」(神輿(みこし)の「こし」。「与」の本字である「與」とは別字)は、「車軸の上に置いて、その上に人や物をのせる台」、転じて「人や物を載せてかついで運ぶ乗り物」、さらには「みんなの」といった意味が生じ、ここから「世間の人々の意見・考え」を指して「輿論」と呼ぶようになった(藤堂明保『学研漢和辞典』[要ページ番号])。

中国では漢語として「輿論」という用語が古くより存在した。一例を挙げれば、李商隠は、その「汝南公の為に赦を賀するの表」の中で、「直言の科(とが)を取れば、則ち輿論を聴く者、算(かぞ)うるに足らず、宥過の則を設くれば、則ち郷議を除く者、未だ儔(ともがら)とすべからず」と述べている。また、その語義を代の『類書纂要』は、「輿論とは、輿は衆なり、衆人の議論を謂うなり」と説明している。さらに、輿論と同様の意味で、『晋書』の「王沈伝」では、「輿人之論」という用語が使用されている。「輿人」とは、衆人、つまり多くの人々のことを言うので、「輿論」と同義語であることが分かる。

日本語の「世論」と「輿論」の区別編集

井上十吉の『新訳和英辞典』(1909年、明治42年)は、「輿論」の訳語として「Public opinion; the popular voice」を、「世論」の訳語として「Public opinion」を挙げた。山口造酒,入江祝衛の『註解新和英辞典』(1907年)は、「輿論」の訳語として「Public opinion, public voice, public cry」を挙げた。国語辞典『言海』にも「輿論」のみがあり、「世論」がない。

佐藤卓己によれば、日本で、「輿論」と「世論」は大正期までかなり明確に区別されて使用されており、「輿論」(よろん)は理性的・公的関心なもの、「世論」(せろん、せいろん)は情緒的・私的なものだという[3]西部邁は輿論を歴史に裏打ちされたもの、世論を一時の流行に過ぎないものとした[4]

「輿論の世論化」は第一次世界大戦から話題になった[5]

脚注編集

  1. ^ 田中章夫『国語語彙論』ISBN 4625420199、明治書院刊、1978年、322ページ
  2. ^ a b 『岩波 日本語使い方考え方辞典』、白川博之「湯桶読み」、451ページ ISBN 9784000802062
  3. ^ 朝日新聞2010年8月14日 「夏の基礎講座 世論」 佐藤卓己 京都大学大学院准教授、西村欣也 記者
  4. ^ 西部邁「国民の道徳」産経新聞ニュースサービス 2000年 ISBN 459402937X 556-558ページ
  5. ^ 佐藤 卓己, メディア研究における総力戦体制 : 言論統制から世論調査へ (提案, 教育史研究のメディア論的展開, (2)シンポジウム, II 教育史学会第49回大会記録), 日本の教育史学, 2006, 49 巻, p. 193-198, doi:10.15062/kyouikushigaku.49.0_193

参考文献編集

  • 佐藤卓己『輿論と世論:日本的民意の系譜学』新潮社、<新潮選書>、2008年、ISBN 9784106036170

関連項目編集