メインメニューを開く

辛島 知己(からしま ともき、1880年明治13年)12月12日[1]1967年昭和42年))は、日本の内務官僚熊本市長

経歴編集

熊本県熊本市辛島格の長男として生まれる。1909年(明治42年)、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業し、高等文官試験に合格した。衆議院試補、同書記官を経て、岩手県理事官山梨県警察部長静岡県警察部長静岡県内務部長を歴任した。

1925年大正14年)に退官した後は、熊本市長に選出された。

1930年(昭和5年)より関東庁事務官となり、大連民政署長、専売局長事務取扱を務めた。

その後は帝国発明協会専務理事・研究所総務部長となり、1943年(昭和18年)には関東州住宅営団理事長に就任した。

親族編集

脚注編集

  1. ^ 熊本県松橋収蔵庫. “辛島氏家系 辛島格略歴 辛島知己履歴書 (PDF)”. 2016年10月16日閲覧。
  2. ^ 人事興信所編『人事興信録 第11版 上巻』 人事興信所、1937年。

参考文献編集