メインメニューを開く

関東庁(かんとうちょう、旧字体: 關東廳)は、関東州を統治していた関東都督府1919年に改組され、関東軍とともに成立した機関。

大日本帝国の旗 大日本帝国の行政官庁
関東庁
かんとうちょう
Emblem of Kantou Prefecture and Dairen City.png
初代関東長官 林権助
初代関東長官 林権助
役職
関東庁長官 林権助 (初代)
菱刈隆(最後)
組織
上部組織 内務省
概要
所在地 関東州
設置 1905年(明治38年)
前身 関東都督府
テンプレートを表示

概要編集

関東都督府から、軍事部門が「関東軍」として分離したことにより、民政部門をつかさどる機関として設けられた。

本部は旅順に置かれた。1934年に在満洲国大使館関東局関東州庁に再編された。

歴代幹部編集

関東長官編集

関東都督は武官が就いていたが、関東長官は武官である必要はなかった。職務権限は専ら関東州の統治に限られた。

関東庁事務総長編集

武官が就任していた関東都督を補佐する文官の事務総長職が関東庁への組織改編後も引き続き置かれていたが1924年12月25日に廃止された。

組織機構編集

  • 長官官房
  • 民生部
  • 外事部

関連項目編集

外部リンク編集