農業全書』(のうぎょうぜんしょ)は、元禄10年(1697年)刊行された農書。出版されたものとしては日本最古の農書である。

「農事図」。農政全書, 第一巻より

概要編集

全11巻あり、1巻から10巻は、元福岡藩士の宮崎安貞著。11巻は貝原益軒の兄貝原楽軒著で付録である。序文は貝原益軒。刊行には貝原一族が深く関わっていた。

の『農政全書』に多く知識を得ながらも、日本の事情に合うように執筆されている。植物の絵入りで、五穀・菜・菓木など当時栽培されていた植物がほぼすべて網羅されている[1]。ただし、筑前藩をはじめとして西日本を巡回し、それを基とした執筆のため、栽培適期などは西日本に適合している[1]。また、農業政策の一環として、農民に薬種の栽培を奨励するなど、国益思想を具体的に論述している先見性も評価されている[2]

最も体系的な農書という評価を得ており、日本の農業に与えた影響は計り知れない。明治に至るまで何度も刊行され、多くの読者を得ただけでなく、本書に影響・刺激を受けて執筆された農書が数多く存在する。現在でも岩波文庫から出版されている。

目次編集

  1. 農事総論 90条
  2. 五穀之類 99種
  3. 菜之類 96種
  4. 菜之類 923種
  5. 山野菜之類 98種
  6. 三草之類 91種
  7. 四木之類 94種
  8. 菓木之類 97種
  9. 諸木之類 95種
  10. 生類養法 93種 薬種類 922種
  11. 付録

評判編集

水戸の徳川光圀は、「これ人の世に一日もこれ無かるべからざるの書なり」と絶賛し、八代将軍徳川吉宗も座右の書に加えたほどであった。

脚注編集

  1. ^ a b 農業全書 | 日本古典籍データセット - ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)” (日本語). 人文学オープンデータ共同利用センター(CODH). 2020年4月13日閲覧。
  2. ^ 矢嶋道文「宮崎安貞『農業全書』と「薬種」栽培法の意義 : 国民生活の視点からみた輸入漢方(長崎貿易)と在来薬種との関連」『関東学院大学文学部紀要』第120/121巻第2号、関東学院大学人文学会、2010年12月、 323-360頁。

関連項目編集

外部リンク編集