辻村 公一(つじむら こういち、1922年2月18日 - 2010年5月28日)は、日本の哲学者京都大学名誉教授

略歴編集

静岡県浜松市出身。京都帝国大学文学部田辺元に学び、1946年卒業[1]1948年京都大学教養部助教授1967年文学部哲学科助教授、1974年「ハイデッガー論攷」で文学博士、教授、1982年定年退官、名誉教授1993年日本学士院会員、1994年勲二等瑞宝章受章。

ハイデッガーを翻訳・研究した。なおその特徴として、それまで「存在と時間」として訳されていた「Sein und Zeit」に対し、「有と時」としたことが挙げられる。日本で数種類翻訳刊行されてきた同書において、この表題を使用しているのは辻村公一訳のみである。(「有」の使用については、翻訳書ではないが、辻村よりも以前に和辻哲郎が著書『倫理学』において、ハイデッガーを引用する際に「有」「現有」「世界内有」と訳している。)

著書編集

編纂編集

  • 『一即一切 日独哲学コロクィウム論文集』創文社、1986年5月。ISBN 978-4423100769
  • 『ハイデッガーと現代―ハイデッガー生誕100周年記念論文集』創文社、1990年1月。ISBN 978-4423170687

翻訳編集

  • 『ハイデッガー選集 第8 野の道・ヘーベル一家の友』高坂正顕共訳、理想社、1960年。ASIN B000JBCH1U
  • 『根拠律 ハイデッガー』ハルトムート・ブフナー共訳、創文社、1962年。ASIN B000JAK6X2
  • 『世界の大思想 28 ハイデッガー --- 有と時』訳、解題、河出書房新社、1967年(1974年に小型版)。ASIN B000JBC0GM
  • 『思索の事柄へ ハイデッガー』ハルトムート・ブフナー共訳、筑摩書房、1973年。ASIN B000J9BV6O
  • 『ハイデッガー全集 第9巻 道標』ハルトムート・ブフナー共訳、創文社、1985年5月。
  • 『ハイデッガー全集 第2巻 有と時』ハルトムート・ブフナー共訳、創文社、1997年12月。ISBN 978-4423196267
  1. ^ 京大広報 No.459 (1994.1.15) (PDF)