メインメニューを開く

通勤ライナー (列車)

通勤ライナー(つうきんライナー)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)ならびにWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)が運行している快速列車の愛称である。

目次

JR西日本編集

広島支社管内の山陽本線呉線山口線と、米子支社管内の山陰本線で、朝夕の通勤時間帯にのみ運転されている[1]

2007年6月30日までは芸備線でも[2]、2012年3月16日までは可部線でも運転されていたが[3]、いずれも普通に列車種別が変更されて廃止された。

広島シティネットワーク編集

広島シティネットワークでは広島駅を基準とし、基本的に朝の通勤時間帯に広島駅に到着する快速列車が、夕方の通勤時間帯に広島駅を発車する快速列車が「通勤ライナー」として運転されている。使用車両は、115系113系227系

山陽本線編集

山陽本線では、朝ラッシュ時に福山駅・糸崎駅白市駅 → 五日市駅・岩国駅・緑井駅間で3本、南岩国駅・岩国駅 → 広島駅間で2本が運転されているが、快速区間は、下りは西条駅 - 広島駅間、上りは岩国駅 - 広島駅間となっている。

2008年3月15日のダイヤ改正で、日中の快速「シティライナー」の停車駅が追加され、広島駅以西の「シティライナー」と「通勤ライナー」の停車駅が同一となるものの、「通勤ライナー」の名称は残っていた。翌年の2009年3月14日のダイヤ改正にて、広島駅 - 岩国駅間の「通勤ライナー」は、いったん「シティライナー」に統合されて廃止された。2010年3月13日のダイヤ改正からは、快速「シティライナー」が廃止されて(2016年に停車パターンを変更の上、土曜・休日のみ再設定)、広島駅 - 岩国駅間の快速列車は「通勤ライナー」に再び変更された。このダイヤ改正以降は、広島駅を境に列車種別が変更して運転されるようになり、朝ラッシュ時は、広島駅まで快速、広島駅から普通として、夕方ラッシュ時は広島駅まで普通、広島駅から快速として運転されていた。

2012年3月17日のダイヤ改正で、夕方と土曜・休日の快速「通勤ライナー」が廃止された[4]。以降は平日朝のみ運行されている。

停車駅
(下り)福山駅 …この間は各駅に停車 … 西条駅八本松駅海田市駅広島駅 … この間は各駅に停車 … 岩国駅緑井駅
(上り)広島駅 … この間は各駅に停車 … 五日市駅宮内串戸駅宮島口駅大竹駅岩国駅南岩国駅
かつては岩国駅 - 徳山駅間で南岩国由宇柳井にのみ停車するものが1往復あった。

呉線編集

呉線では、(現在の通勤ライナーに相当する快速列車は、)1999年2月7日のダイヤ改正から運転を開始した。 朝ラッシュ時に糸崎駅・広駅 → 広島駅・岩国駅・梅林駅間で4本運転されているが、快速区間は、呉駅 - 広島駅間となっている。所要時間は、「安芸路ライナー」よりも数分短い。

2005年10月1日のダイヤ改正で矢野駅に新たに停車するようになり現在に至るが、2016年3月26日のダイヤ改正以降は、安芸路ライナーへの変更により、運転本数を減らしている。以前は夕ラッシュ時にも上り列車を中心に運転されていたが、2017年3月4日のダイヤ改正で安芸路ライナーへ統合され、朝の下り列車のみの運行となった。

停車駅
糸崎駅 … この間は各駅に停車 … 呉駅矢野駅 → 広島駅 … この間は各駅に停車(土休日の一部は「快速シティライナー」) … 岩国駅・梅林駅

可部線編集

2011年3月12日のダイヤ改正時点で、夕ラッシュ時にのみ広島駅 → 可部駅間で3本が運転されていた[5]。全線単線且つ追い越しが出来る駅が存在せず、普通列車を追い抜くこともなかったため、2012年3月17日のダイヤ改正により、緑井止まりの普通列車を増発する形で廃止された[3]

停車駅
広島駅 → 横川駅安芸長束駅下祇園駅大町駅緑井駅可部駅

芸備線編集

2007年7月1日ダイヤ改正までは3本が運転されていたが、快速「みよしライナー」に統合されて廃止された[2]

停車駅
広島駅 - 下深川駅 - 狩留家駅 … この区間は各駅に停車 … 三次駅

山陰本線編集

山陰本線では出雲市駅 → 米子駅間で1996年3月16日のダイヤ改正から平日ダイヤの朝ラッシュ時に1本のみ運転されている。快速運転区間は宍道駅 → 松江駅間である。

かつては西出雲駅始発であったが、2010年3月13日のダイヤ改正により、西出雲駅 → 出雲市駅間が廃止され、出雲市駅始発となった。同時に、土曜日の運転も取りやめられた。

停車駅
出雲市駅直江駅荘原駅宍道駅松江駅東松江駅揖屋駅荒島駅安来駅米子駅
使用車両
キハ126系気動車2010年3月15日より使用されている。行先表示器が「通勤ライナー」表示に対応していないため、「快速 米子」と表示されている。
運転開始から2001年7月6日まではキハ181系気動車が、2001年7月7日から2008年3月14日までは381系電車が使用されていたが、いずれも特急形車両間合い運用でもあり、普通乗車券類のみで利用可能で、グリーン車普通車として使用されていた。
2008年3月15日から113系に変更されたことによりこの取り扱いは廃止された。

山口線編集

 
山口線通勤ライナー(湯田温泉駅にて)

2009年3月14日のダイヤ改正により、夕ラッシュ時に臨時列車として運転されている快速列車に停車駅を追加した上で、定期列車に変更されて運転を開始した[6]

2017年3月4日現在は、新山口駅 - 山口駅間で1往復のみ運転されている。

停車駅
新山口駅 - 大歳駅 - 矢原駅 - 湯田温泉駅 - 山口駅


京都丹後鉄道編集

 
通勤ライナーに使用される「丹後の海」編成
(天橋立駅)

WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)の通勤ライナーは、2017年3月4日のダイヤ改正により、宮福線に上り1本のみ新設された[7]

JRグループにおけるホームライナーの形式を採用しており、乗車の際には乗車券の他にライナー券(定期券の場合は定期券特急回数券でも可)が必要となる。ただし、全車自由席であり、かつライナー券の発売上限はないため、着席保証はない[8]

使用車両は、KTR8000形「丹後の海」編成。

停車駅
宮津駅大江駅福知山駅


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『JR時刻表』2016年4月号、交通新聞社
  2. ^ a b 平成19年夏のダイヤ改正(広島・山口エリア) 別紙詳細 (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2007年5月9日
  3. ^ a b 平成24年春のダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道広島支社プレスリリース 2011年12月16日
  4. ^ 平成24年春のダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道広島支社プレスリリース 2011年12月16日
  5. ^ 『JR時刻表』2011年3月号、交通新聞社。
  6. ^ のぞみ、徳山停車1本増 春のダイヤ改正 - 山口新聞 2008年12月26日
  7. ^ 平成29年3月ダイヤ改正について - 京都丹後鉄道 2017年1月12日
  8. ^ よくあるご質問 - 京都丹後鉄道 2017年6月2日閲覧