連邦軍病院(れんぽうぐんびょういん、ドイツ語: Bundeswehrkrankenhaus)は、救護業務軍が運営する病院

組織構造編集

連邦軍病院では医科の様な専門ごとに部署に分かれている。

また、連邦軍病院は地域ごとにおける救急医療の受け入れ先に指定されている。

歴史編集

1957年に最初の医療施設である「連邦軍軍病院」が開設される。建軍間もないドイツ連邦軍では唯一の存在であった。連邦軍軍病院は原則として兵士だけを収容するが、連邦国防大臣の指導により一般市民については救急の場合のみ受け入れることが認められた。連邦軍軍病院はベッド数に基づいて3つに分類され(200/400/600床)再分割される。

1970年に連邦軍の医療施設は軍種横断的分野に改編され連邦軍医療機関本部(ZSanDBw)に集約され、これに合わせ「連邦軍軍病院」から「連邦軍病院」に改称された。また、同じ1970年に規制が解除され一般外来患者の受け入れが始まった。これは一般兵士達の疾病や怪我の事例が少なく、より広汎な医療処置ができる医師を育成することが可能となった。連邦軍病院への一般患者の受入は危機状況や国外派遣任務での医療活動の準備に特に有用であった。

1993年、4箇所の連邦軍病院が閉鎖されて、再度連邦軍病院を土台に13箇所の専門医療センターを設立した。

所在地編集

現行の連邦軍病院編集

連邦軍病院 所在地 開設
コブレンツ連邦軍病院 コブレンツ 1957年
ベルリン連邦軍病院 ベルリン特別市中央区 1991年 
ハンブルク連邦軍病院 ハンブルク特別市ヴァンツベック区 1958年
ウルム連邦軍病院 ウルム 1980年 
ヴェスターシュテーデ連邦軍病院 ヴェスターシュテーデ 2008年 

閉鎖された連邦軍病院編集

連邦軍病院 所在地 開設 閉鎖
アンベルク連邦軍病院 アンベルク 1958年 2007年
バート・ツヴィッシェンアーン連邦軍病院 バート・ツヴィッシェンアーン 1959年 2008年
デトモルト連邦軍病院 デトモルト 1957年 1993年
ギーセン連邦軍病院 ギーセン 1957年 1997年
グリュックシュタット連邦軍病院 グリュックシュタット 1957年 1975年
ハム連邦軍病院 ハム 1957年 2007年
ケンプテン連邦軍病院 ケンプテン 不明 不明
クロンスハーゲン連邦軍病院 クロンスハーゲン 1961年 1996年
ライプツィヒ連邦軍病院 ライプツィヒ 1991年 2007年
ミュンヘン連邦軍病院 ミュンヘン 1967年(?) 1994年
オスナブリュック連邦軍病院 オスナブリュック 1972年 1993年
ヴィルトバート連邦軍病院 バート・ヴィルトバート 1962年 1994年

脚注編集

外部リンク編集