メインメニューを開く

進藤 孝二(しんどう こうじ、1902年9月25日 - 1973年9月23日)は、日本実業家大阪商船三井船舶(現商船三井代表取締役社長や、日本船主協会会長を務めた。

人物・経歴編集

兵庫県出身。神港商業学校(現神戸市立神港高等学校)を経て、1925年小樽高等商業学校(現小樽商科大学)卒業。三井物産船舶部入社後、船舶部が三井船舶として独立すると、同社企画課長、営業部長、常務取締役専務取締役を歴任。1960年から代表取締役社長を務め、大阪商船との合併を行い、合併後の大阪商船三井船舶初代代表取締役社長に就任した。この間、日本船主協会会長も務めた[1][2][3]

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ 進藤 孝二(読み)シンドウ コウジコトバンク
  2. ^ <「進藤 孝二(読み)シンドウ コウジ」コトバンク
  3. ^ 「書籍名  追想録 進藤孝二 著者名  大阪商船三井船舶株式会社 編 」


先代:
一井保造
大阪商船三井船舶(旧三井船舶)社長
第4代:1960年 - 1967年
次代:
福田久雄
先代:
佐々木周一
緑丘会理事長
第4代:1973年
次代:
中田乙一