メインメニューを開く

遊佐 幸平(ゆさ こうへい、1883年7月25日 - 1966年11月25日)は、日本の陸軍軍人。「馬の神様」と称された馬術家であった。陸軍騎兵少尉として日露戦争に出征して戦功を挙げ、個人感状を授与された[1]。個人技としての馬術、調教にも優れたが、馬政方面でも功績があった。最終階級は陸軍少将

遊佐 幸平
生誕 1883年7月25日
死没 (1966-11-25) 1966年11月25日(83歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1904 - 1938
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

略歴編集

著作編集

  • 『遊佐馬術』
  • 馬術及馬事
  • 『御相随筆』
  • 『馬事論叢』
  • 『満州の馬産』

出典編集

  1. ^ 『山紫に水清き』「馬の神様 遊佐幸平」

参考文献編集

  • 松下芳男『山紫に水清き 仙台陸軍幼年学校史』

関連項目編集

先代:
中山蕃
軍馬補充部本部長
15代:1937
次代:
野澤北地