メインメニューを開く

遠藤 麻未(えんどう あさみ)は日本の女性アニメーター愛知県名古屋市出身[1]

1979年にアニメ監督の長浜忠夫に紹介された高橋資祐と2人で作画スタジオ「スタジオドオタク」を結成[2]1980年代スタジオぴえろ作品で幅広く作画監督を務めた。中でもテレビアニメ『うる星やつら』ではその作画の良さで一世を風靡。1990年代以降は「えんどう麻未」、「えんどう麻美」、本名名義で主に原画の仕事が多い。

目次

主な参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 「知られざる個性派集団3 『うる星やつら』の中核をになうスタジオ・ドオタク」『アニメージュ』1983年6月号、pp.134-135
  2. ^ 赤星政尚他「CHAPTER.3 ロボットアニメを作った男たち ロボットアニメ 殿堂入りスタッフ紳士録」『不滅のスーパーロボット大全 マジンガーZからトランスフォーマー、ガンダムWまで徹底大研究』二見書房、1998年9月25日、ISBN 4-576-98138-2、132頁。