メインメニューを開く

郡司 明郎(ぐんじ あきお、1947年(昭和22年)5月8日 - ?)は、日本コンピュータエンジニア経営者実業家アスキー元社長・会長。東京都生まれ。千葉工業大学卒業。

ぐんじ あきお
郡司 明郎
生誕 (1947-05-08) 1947年5月8日(72歳)
日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 千葉工業大学
職業 技術者企業家

人物編集

大学卒業後、コンピュータ・アプリケーションズ(CAC)で、コンピュータエンジニアとして勤務していたが、1976年(昭和51年)に雑誌『I/O』の創刊に参加し、翌1977年(昭和52年)には西和彦塚本慶一郎と共に、日本におけるベンチャー企業の元祖と言われていることになる株式会社アスキー出版を設立し、コンピュータ関連の専門書籍の出版活動を開始する。郡司は共同創立者の西や塚本よりも年上だったこともあり、出版やソフトウェアビジネスなどの個別のビジネスは両名に任せ、社長として会社全体の経営に携わり、二人を支えた。1987年(昭和62年)には社長職を西に譲り、会長を務めたが、1991年(平成3年)、経営方針を巡る対立から塚本と一緒にアスキーを去った。

アスキーを去った後、塚本と共同出資しインプレスを設立する。1999年よりインプレスホールディングス監査役となったが、2013年に退任している。

参考文献・関連書籍・関連記事編集

  • 古川享『僕が伝えたかったこと、古川享のパソコン秘史』 インプレスR&D、2015年