郤 正(げき せい、? - 278年)は、中国三国時代から西晋の学者・政治家。令先。元の名を纂。司隸河南尹偃師県の人。祖父は後漢益州刺史で、馬相の乱によって落命した郤倹。父は郤揖。

郤正
西晋
巴西太守・関内侯
出生 生年不詳
司隸河南尹偃師県
死去 咸寧4年(278年
拼音 Xì Zhèng
令先
別名 郤纂(改名前)
主君 劉禅曹奐司馬炎
テンプレートを表示

生涯編集

父の郤揖は孟達とともにに降伏して中書令史となったが、郤正が幼い頃に亡くなり、母も再婚したため一人で生計を立てていた。暮らしは貧しかったが学問を好み、広く書物を読み漁ったので若くして名文家となった。

蜀漢に出仕して秘書吏となり、昇進を重ねて最終的に秘書令に至った。

郤正は黄皓の屋敷の隣に30年間も住んでいたが、特に気に入られも嫌われもしなかった。そのため、秩は六百石を越えることはなかったが、官職を追われるようなこともなかった。

263年、劉禅が魏に降伏する際には降伏文書を書いた。劉禅が洛陽に移送されることが決まると妻子を捨てて付き従い、関内侯に封じられた。劉禅は郤正の補佐によって落ち度なく振る舞うことができたので、「郤正を評価するのが遅かった」と後悔したという。

安陽県令巴西太守と出世を重ね、278年に死去した。

人物・逸話編集

名利にこだわらず文章の美を追求し、司馬相如班固張衡らの文・篇・賦や同時代の優れた論など、益州にあるものにはほとんど目を通していた。

100篇にも及ぶ詩・論・を書き、姜維を高く評価した論文や、『釈譏』という自身への批判に対する弁明文が残っている。

秘書郎であった頃、郤正はたびたび孟光を訪ねて教えを乞うていた。あるとき孟光が郤正に皇太子劉璿の性格や能力を訊ねると、郤正は慎重な受け答えに終始した。孟光はこれを評価したものの、皇太子のあるべき姿を論じて郤正を感心させた。

降伏後、劉禅は司馬昭に「ときには蜀のことを思い出されますかな?」と問われると「ここは楽しいので思い出すことはありません」と答えた。郤正はこれを聞き「次に同じ質問をされたならば『先祖の墓が遠く隴・蜀にあり、一日とて思わない日はありません』とお答えなさいませ」と進言した。劉禅が進言に従ったところ、司馬昭にそれを見抜かれて物笑いになった。