鄭 念(てい ねん、1915年1月28日 - 2009年11月2日)は、中国作家文化大革命時には元外交官の妻ということや、イギリスの石油シェルに勤めていたことからスパイの嫌疑をかけられ、1966年8月に紅衛兵に投獄された。以降は6年間半の投獄生活を送り1973年にようやく釈放された。1988年4月には自身の経験をつづった『上海の長い夜』が出版された。これに際して日本での記念講演を行った。

鄭念
プロフィール
出生: 1915年1月28日
死去: 2009年11月2日
出身地: 中華民国の旗 中華民国北京市
職業: 軍人
各種表記
繁体字 鄭念
簡体字 郑念
拼音 Zhèng Niàn
和名表記: てい ねん
発音転記: ヂョン ニェン
テンプレートを表示

参考文献編集

  • 『上海の長い夜 文革の嵐を耐え抜いた女性の物語』 篠原成子・吉本晋一郎訳
  • 原書房(上下)、1988年/朝日文庫(上下)、1997年