酒井 健(さかい たけし、1954年4月29日 - )は、フランス文学者(20世紀思想・芸術史)、法政大学教授。

東京都生まれ。1978年東京大学文学部仏文科卒、同大学院進学を経てパリ第一大学に留学、1986年にジョルジュ・バタイユ論で博士号取得、1988年東大大学院博士課程満期退学。1988年電気通信大学専任講師、1991年助教授、2000年法政大学第一教養部教授、2003年文学部教授。2000年、『ゴシックとは何か』でサントリー学芸賞受賞。[1]

著書編集

翻訳編集

  • バタイユ『ニーチェについて 好運への意志 無神学大全』現代思潮社 1992
  • バタイユ『純然たる幸福』人文書院 1994 / ちくま学芸文庫 2009
  • バタイユ『ランスの大聖堂みすず書房 1998 / ちくま学芸文庫 2005
  • バタイユ『エロティシズム』ちくま学芸文庫 2004
  • バタイユ編著『ニーチェ覚書』ちくま学芸文庫 2012
  • バタイユ『ヒロシマの人々の物語』景文館書店 2015
  • バタイユ『魔法使いの弟子』景文館書店 2015
  • バタイユ『呪われた部分 全般経済学試論・蕩尽』ちくま学芸文庫 2018
  • バタイユ『太陽肛門』景文館書店 2018

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 文学部哲学科教員プロフィール法政大学学術研究データベース

外部リンク編集