メインメニューを開く

酒井 忠匡(さかい ただまさ)は、出羽松山藩8代で最後の藩主。左衛門尉酒井家分家8代。7代藩主・酒井忠良の三男。

 
酒井忠匡
Sakai Tadamasa(出羽松山藩主).jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 安政3年12月19日1857年1月14日
死没 明治44年(1911年4月30日
墓所 谷中霊園天王寺墓地
官位 従五位下・大学頭、正三位子爵
幕府 江戸幕府
出羽松山藩8代(最後)藩主
氏族 左衛門尉酒井家分家
父母 父:酒井忠良、母:晴(大岡忠固五女)
正室:植田稙乗の娘
継室:大木喬任の娘、某氏
忠晄、長女・孝子(木村甚三郎妻)
次女・克子(賀島政一妻)
テンプレートを表示

安政3年(1856年12月19日生まれ。明治元年(1868年12月、父が戊辰戦争幕府側に与したために強制隠居処分となったため、家督を継いだ。明治2年(1869年)、版籍奉還により知藩事となる。このとき、松山を松嶺と改名した。明治4年(1871年)7月、廃藩置県で免官される。明治17年(1884年華族に列して子爵となる。

明治44年(1911年4月30日、56歳で死去した。

日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
松山酒井家初代
1884年 - 1911年
次代:
酒井忠晄