メインメニューを開く

酒田ラーメン

山形県酒田市で製造販売されるラーメン

酒田のラーメン(さかたのラーメン)は、山形県酒田市を中心とし庄内地方北部が発祥とされているラーメンである。

ワンタンメン(満月にて)

豚骨がら・煮干昆布出汁に使用し、自家製比率が非常に高い。具は、チャーシューメンマネギが基本であり、透き通った醤油味のスープであることが特徴。また、生地が極薄のワンタンが入ったワンタンメンが存在する。

目次

歴史編集

1926年(大正15年)に、市内天正寺町(現:相生町1丁目)で中国人の幡恒昌が「新盛軒」を開店したのが始まりであるという説と金周培という中国人が戸野町(現:相生町1丁目、御成町)に開店した「財源軒」であるという説がある[1]1927年(昭和2年)頃から急増した。現在もある店では大来軒が寺町(現:中央東町)に1930年(昭和5年)に出店したのが一番古い。

主な老舗の系譜としては、「大来軒」の系譜、大来軒から派生した「三日月軒」の系譜、「港月食堂」(廃業)の流れをくむ「満月」の系譜がある。

麺・スープ・具編集

編集

  • 自家製の比率が約8割と非常に高い他、加水率が高く、熟成させていることが特徴である。

スープ編集

  • 透き通った醤油味のスープであることが特徴。主に煮干し、トビウオの焼き干し、コンブから出汁をとっている。

編集

  • チャーシュー(豚もも肉)、メンマ、ネギが基本。生地が極薄のワンタン。チャーシューには地元の平田牧場の肉を使用している店も多い[要出典]

出典編集

  1. ^ 酒田のラーメンを考える会・酒田市麺類食堂組合『酒田のラーメン物語』平野新聞舗、2013年7月 p.10頁 ISBN 9784990724009

外部リンク編集